FC2ブログ

PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

メロン記念日「MELON'S NOT DEAD」

そういえば解散しちゃうんだよね。
「This is 運命」以来、まともに聴く機会がなかったような…
折角なので、youtubeをあれこれ探してみた。



まずはBEAT CRUSADERSが提供した「DON'T SAY GOOD-BYE」だ。

さすがにBEAT CRUSADERSだ。適度にハードで、ポップな楽曲。
「ドンセグッバーイ!」と一緒に叫びたくなる。

つづいてはニューロティカ提供の「ピンチはチャンス バカになろうぜ!」だ。

こりゃまた、楽しそうな曲だわ。

でもってGOING UNDER GROUNDが作った「メロンティ」です。

てっきりメロンティってアイスティーなのかと思ってたら、ホットティーだった。
ボーイッシュ担当の大谷さんのグラサン(メガネ?)姿が凶悪。
さすがGOING UNDER GROUNDだね。やたらめったらキャッチーで、「メロンティ」の連呼が耳に残って困る。
ナチュラル担当柴田さんの歌う姿がはっきりと確認できて、ちょっと嬉しい。
ビヨビヨいってるキーボードが微笑ましい。

THE COLLECTORSの「青春・オン・ザ・ロード」です。

こういう衣装を見ると、一応アイドルグループなんだって思う。
良く考えるとTHE COLLECTORSって聴いたことがない。
…なので、彼らの音楽の中で、これがどういうふうに位置づけられるのか判らないけど、切ない、哀愁漂う曲で、キャッチーなサビがとても印象的で、好きだ。
ロック化計画ってことで押せ押せなカンジの曲が多いようだけど、こういうのもいいね。

でもってラストはミドリが作った「sweet suicide summer story」だ。

これ全編ミドリ!ってカンジの楽曲だな。
やたらヘヴィな音にびびったわ。
さらに、もはやフリすら放棄したように見える演奏シーンは凄まじくカオス。
ギターを弾いているフリをしているセクシー担当の斉藤さんにドラムを叩いてるフリをしているボーイッシュ担当の大谷さんのだらしない体型が強烈。
なかなかまともに見えるナチュラル担当柴田さんの笑顔が素敵。
ベースを弾いているフリのメルヘン担当の村田さんは、イマイチ存在感が薄い。

久しぶりにメロン記念日を見たけど、みんな変わってないなぁ。
「This is 運命」から9年ですか…
柴田さんは今でも十分かわいいなぁ。

改めて聴いてみても、メロン記念日って声に特徴がないような気がするんだけど、どうかな?
それがいい方向に作用してるんだと思うんだけどね。
色んなロックバンドが曲を提供して、実際彼らの演奏をバックに歌ったりしてても、あまり違和感がない。
彼女たちに向けて作られた曲だから、ある意味では当然のことなんだけどね。
カラーがないってことが、どんな曲でも乗っかってしまえる強みなんだと、聴いていて思った。
未だに誰がどの声が全然判らない。

ライブを見てみたくなるな。
でも、解散しちゃうんだよね。
最後にテレビに出まくって欲しいなぁ。


MELON’S NOT DEAD(DVD付)MELON’S NOT DEAD(DVD付)
(2010/02/17)
メロン記念日メロン記念日×BEAT CRUSADERS

商品詳細を見る
スポンサーサイト



| その他のアイドル | 03:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fearless02.blog74.fc2.com/tb.php/321-8559ae26

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT