2016年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年11月

≫ EDIT

ベイビーレイズJapan「ニッポンChu!Chu!Chu!」

「Level 1」の2016年versionといった趣の「Ride On IDOROCK」から幕を開けるアルバム。

「ベビレ」と「ベイビーレイズJapan」の連呼とメンバー紹介に徹した曲。
こういう曲が成立するというか、こういう曲をやたらと推してくるのがベイビーレイズJapanだよ。
曲中にグループ名やメンバー名を入れてくるところは、潔さというか、清々しさすら感じる…というのは、ファンだからだろう。


こちらもやたら押しの強い曲。
グループ名入ってないじゃん、と思ったら、ビデオではやたらとグループ名が出てくるじゃないか。

シングルではちょっと説教臭い曲(だけどいい曲)が続いただけに、アルバムの方向性は気になってた。
ベイビーレイズJAPAN「閃光Believer」【MV】 - YouTube
ベイビーレイズJAPAN「走れ、走れ」【MV】 - YouTube
熱苦しくてうっとおしい!? ベイビーレイズJAPAN「夜明けBrand New Days」【LIVE映像】 - YouTube
ベイビーレイズJAPAN「虎虎タイガー!!」【LIVE】 - YouTube

なんというのか、最近のアイドルソングのサウンドの充実ぶりは目を見張るものがある。
と同時に、楽曲も凄くイイ。
ただ単にキャッチーなだけではなくて、ちゃんとグループとしてのアイデンティティというか、グループのカラーをきちんと提示してくれているように思う。
あまりふらふらと試行錯誤したり、方向性の転換みたいなことをしていない。

そういえば、アルバム中、「少しだけ」という曲だけは、ちょっとカラーが違うような気がした。
どちらかというと前のアルバムに入ってそうなイメージだったけど、鶴の秋野温が作ってるんだと知って、納得してしまった。

Wiennersの玉屋2060%は相変わらずとしても、堀江晶太なる人物の活躍が非常に目立つ。
どういう人なんだろう?

  
  
スポンサーサイト

| その他のアイドル | 01:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2016年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年11月