2016年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年07月

≫ EDIT

predia「白夜のヴィオラにいだかれて」

アルバム全体の印象としては、確実に音圧が増してるというか、音の密度が濃くなっていっている。初期のスカスカなサウンドとは比べ物にならないくらいに、予算が増えてるってことなのかな?
まるでアルバムを出すごとに、サウンドがゴリゴリのハードロックになっていくPASSPO☆のようだ。

そのハード化の象徴が「The Call」だろう。
「Wow Wow Wowwow Wow」という掛け声も勇ましいし、緩急の付け方とか、いろんなアイデアをこれでもかと詰め込んだような一曲。
そして湊あかねというシンガーがいてこその、ハードな曲だよ。
二枚看板のもう一人、村上さんも上手いけど「Tears Again」とか、しっとり系のが似合う。
湊さんもしっとり系でも上手いけど、ガツンとくるようなのじゃないと、やっぱりね。

「BOROBORO ~この愛はボロボロになる運命なのか~」でも桜子さんが頑張ってたように、もっと他のメンバーが歌えるようになってくると、いろんなタイプの曲が出てくるかな。

前作「孤高のダリアにくちづけを」に比べると、曲が半分。
物足りないぞ。







 
スポンサーサイト

| predia | 00:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2016年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年07月