2016年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年05月

≫ EDIT

夢みるアドレセンス「ファンタスティックパレード」

前にも書いてると思うけど、アイドルに何を求めるのか?という話。

カワイイとかキレイとかってことも、まぁ、大事だけど、やっぱり音楽なワケですよ。
判りやすいところで言えば、BABYMETALのようにアイドル+メタルという音楽的なコンセプトね。

最新シングルのリードトラックは方向性が違ったけど、KAMEN RIDER GIRLSもHR/HM的サウンド。

つまり、そのグループの音楽として、どういうものを期待したらいいのか?と。
勿論、マンネリもある。意外性ということもある。

ちょっと逸れるけど、SUPER GIRLSなんてのは、案外その辺り、サウンドの方向性みたいなものを堅持してる印象だ。
カンカンに張ったスネアとホーンセクションが印象的なサウンドアレンジに、サビは徹底的にユニゾン…合唱。
あとは曲の出来不出来。

で、夢見るアドレセンスですよ。
以前にも書いたんで、リンクを貼っておこうか。
fearless_02夢見るアドレセンス「サマーヌード・アドレセンス」
fearless_02 夢見るアドレセンス「Bye Bye My Days」とか
fearless_02 夢見るアドレセンス「第一思春期。」
fearless_02 夢見るアドレセンス「証明ティンエイジャー」

初期は「日本語+カタカナ語」のタイトルという統一性はあったものの、音楽性はバラバラ。
「証明ティンエイジャー」や「マワルセカイ」あたりの、ちょっとシリアスな曲にグループ名そのものの思春期っぽい歌詞って路線は、個人的には悪くなかった。
アルバムには「ステルス部会25:00」という、個人的には最高傑作もあったんだが…
「Bye Bye My Days」を最後に、路線が変わってしまう。
キラキラ楽しい、カワイイ…はいいんだけどな。

そんなこんなですっかり興味を失ってしまってたんだ夢見るアドレセンスだったけど、KEYTALKとですか。

完全にKEYTALKでした。
びっくりした。

ロックバンドへの接近については別に新しいことでもなんでもないし、あとは人選と曲の出来だけだよね。
そういう意味じゃKE­YTALK・首藤義勝ってのは面白いと思うけど、売りになるかどうか。

両A面のもう一方がな…

ちょっと弱いというか、面白みに欠けるかな?

   
  

そういえばOKAMOTO'Sともやってたな。
売れ行きはどうだったんだろう?
スポンサーサイト

| その他のアイドル | 00:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BABYMETAL「Metal Resistance」

届きました。
まさか国内盤と海外盤で微妙に違うとかさ。
7曲目が国内盤では「シンコペーション」で海外盤が「From Dusk Till Dawn」で、ラストの「THE ONE」が英語日本語の混合か英語のみか…
面倒な。

で、ざっと聴いた感想。
久しぶりに「メタルを聴いてる」って思うほど、充実したサウンドだったんじゃないかな?
今回は事前に聴けたのは「Road of Resistance」「KARATE」「あわだまフィーバー」「THE ONE」で、1stアルバムよりは既発曲が少なくて、純粋に楽しめた。
おっと「NO RAIN, NO RAINBOW」も武道館のライブDVDには入ってたよね?

好きなのは「ヤバッ!」だな。
適当に早いテンポだし、サビでのSU-METALの声の処理とか印象的だし、気持ちいい。
もうひとつの「紅月」とでもいうべき「Amore - 蒼星 -」は、あの頃のビジュアル系メタルサウンドを現代風にアレンジしなおしたようなカンジ。あの頃(どの頃?)のことを思い出すなぁ…
「シンコペーション」も言われりゃ、ヴィジュアル系かな。それっぽい歌詞といい、シンコペーションというタイトル通りの疾走感とか、その昔あれこれとコピーをお手伝いしたのを思い出す。

「GJ!」と「Sis.Anger」のYUI-METALとMOA-METALの曲。
前作の「4の歌」よりも、曲としてマトモ。
特に「Sis.Anger」が曲のテーマもあってか、とにかくへヴィ。
これがアイドルソングとして世に出回るってのがとにかく凄いと思う。

結局、この三人の声が入ってれば、どんなにエクストリームなサウンドでもアイドルソングとして成立してしまう。

で、輸入盤の「From Dusk Till Dawn」と「THE ONE(English version)」も聴いた。

一言で、「From Dusk Till Dawn」は、カッコイイ!
基本的に、これはインストといっていいのかな?
確かにSU-METALの歌も入っているが、どう考えてもこれはバックのバンドの音の方がメインだろ?
アルバムやライブのオープニングってカンジの、壮大な楽曲。
ゆよゆっぺの仕事か。

"BABYMETAL “METAL RESISTANCE” に参加いたしました。

・KARATE Songwriting / Arrangement / truck making / Mixing
・ヤバッ! Arrangement/truck making/Mixing
・GJ! Songwriting / Arrangement / truck making / Mixing
・Sis. Ange Arrangement / truck making / Mixing
・From Dusk Till Dawn Composition / Arrangement / truck making / Mixing"
BABYMETAL “METAL RESISTANCE” 発売 | ゆよゆっぺオフィシャルHP



正直、これでメタル好きが増えるとは思えないんだけど、面白いからいいか。
しばらくは聴きまくりだな。

でも、「META!メタ太郎」だけはダメだ。



   

| その他のアイドル | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2016年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年05月