FC2ブログ

2014年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年10月

≫ EDIT

夢見るアドレセンス「証明ティンエイジャー」

グループの存在は知っていたものの、曲を聴くのは初めて。
そして改めてメンバーを見て、まるですイエんサーの派生グループのようだ。

いや、もうそんなことよりも「マイサン…マイサン…」と虚ろな表情でつぶやくミッチが浮かんで仕方ない。

まず映像を見て思ったのは、思ってたよりお金をかけてもらってる(ように見える)。
一応、モデルが本業(だよね?)な彼女ららしく、衣装や小物も拘ってるんだろう。

歌に関しては、特別上手な子がいるようには聴こえず、どちらかというと映る時間から荻野可鈴がいわゆる「センター」なポジションなんだろうと想像する。
このグループもそうだけど、ワリと今、ロック系の音が多いよね?

ダンスはきっとアレなんだろうな、手を使った振り付けといった趣き。腕の動きが印象的で、1回目のサビ前、「だいきらーい」と歌いながら志田友美が手を挙げるところが好きだ。

このタイミングであればむしろ志田友美をもっと使うだろうと思うが、まぁ、仮面ライダーを見る層とアイドル好きな層、もしくは彼女たちがモデルを務める雑誌を講読する層とが重ならないという判断だろうか?


折角なんで、他の曲も試してみる。

うーん。あまりデキのいい曲とは思えず。


イントロのアカペラ部分が、ライブでずっこけそうな気配。
上の2曲と比べると、自然体というか、ナチュラルなイメージだが… グループとしてのアイデンティティというか、方向性みたいなものは、未だ固まってないってことか?


なんか溌剌としてるな。
やっぱり、グループの色というか、コンセプトはしっかりした方がいいと思うんだけどなぁ。
つまり年相応の子供っぽさや「彼女たちらしさ」みたいなのを強調するのか、背伸びしたカンジを強調するのか…
現状はどっちつかずな印象だが。

ここまでの3曲は正直、イマイチ。
歌唱力どうこうではなく、曲が引っかかってこない。


ロック系のアレンジは悪くない。
「子供以上、大人未満」みたいな歌詞も、まぁ、いいと思う。
ここまで見た中では一番デキのいい曲だと思う。
あぁ、そう思うと、「マワルセカイ」から「証明ティンエイジャー」という流れの中で、グループの(曲の)地固めをしてるってところなんだろうか?

アイドルが乱立する今、爆発的に売れるってことはないだろうなぁ。
売れるとしても、曲そのもので売れていくタイプではないだろうから、テレビにいかに出るかということになるのかな?
「仮面ライダー」に一年出たからといってその後が保証されるワケでもないし、Eテレの仕事が大きく化けるってこともないだろう。
今(ちょっと前からか)、モデルや女優業の傍ら、こうしたアイドル活動をすることの意味ってなんだろう?


証明ティンエイジャー (Type-A)証明ティンエイジャー (Type-A)
(2014/09/09)
夢みるアドレセンス

商品詳細を見る

証明ティンエイジャー (Type-B)証明ティンエイジャー (Type-B)
(2014/09/09)
夢みるアドレセンス

商品詳細を見る

証明ティンエイジャー (Type-C)証明ティンエイジャー (Type-C)
(2014/09/09)
夢みるアドレセンス

商品詳細を見る

証明ティンエイジャー (Type-D)証明ティンエイジャー (Type-D)
(2014/09/09)
夢みるアドレセンス

商品詳細を見る

証明ティンエイジャー (Type-E)証明ティンエイジャー (Type-E)
(2014/09/09)
夢みるアドレセンス

商品詳細を見る

証明ティンエイジャー (Type-F)証明ティンエイジャー (Type-F)
(2014/09/09)
夢みるアドレセンス

商品詳細を見る
スポンサーサイト

| その他のアイドル | 02:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SUPER BEAVER「らしさ」

アニメを毎週録画して見るなんて、一体何年ぶりか…というくらいでハマってる「ばらかもん」の主題歌。
勿論、原作も読んでる。

まぁ、こういう時期ってあるよねって、思う。
「自分らしさ」もそうだけど、「自分探し」みたいなものって。

さすがに「大人」だからね、中高生あたりで聴いてたら、多少感化されただろうか?

個人的な話しで申し訳ないが、こういう迷い方をしなくなったのは、多分社会人になってからだろう。
「あなたは自分が好きでしょ?」というようなことを言われたのが、凄く心に突き刺さったというか、その言葉を受け取ってから開き直ることが出来た…というのが正解かな?

…うん、なんの話だろう?

あぁ、そうそう、久しぶりにアニメにハマってる。
色々と馴染みのある五島列島(福江島)が舞台なマンガが原作だし。
ワリと原作を忠実に映像化してる印象だし、方言も違和感ない。
個人的にはベベンコビッチオーケストラを採用してほしかったところだが、それじゃあまりにコアすぎるか?


らしさ(DVD付)らしさ(DVD付)
(2014/09/24)
SUPER BEAVER

商品詳細を見る

ばらかもん オリジナル・サウンドトラックばらかもん オリジナル・サウンドトラック
(2014/07/23)
音楽:川井憲次

商品詳細を見る

| J-Pop | 23:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

tofubeats「Come On Honey! feat. 新井ひとみ(東京女子流)」

東京女子流(の曲)が好きだから、こういうのは触れないワケにはいかないというか…

カラオケで、昔のレーザーカラオケっぽい映像(結構今でも使いまわされてるよね)というのは、歌詞と合わせて、ちょいダサを狙ってるのかな?
麦わら帽子(イマドキかぶってるのは田舎のおじいちゃんとかくらいでは?)とか、オープンカー(じゃないけど)とか、パーティーとか、ちょっと気恥ずかしいイメージの羅列。

結局、この歌詞の登場人物は、バケーションを楽しんでるんだよね?
遊びたいけど遊べないよね、ってとこなのかと思ったら、そうでもなさそうなんだけど。
違う?
個人的には新井ひとみの声を堪能する曲でした。

そういえば、藤井隆との曲もアルバムに入るんだよね。
シンガーとしての彼も好きなんだよな。
また新喜劇出たりしないかな?

これも後半になってようやく藤井隆とtofubeatsが登場するという同じような構成だった。
基本的にこういう雰囲気も好きなんだけどな。

ライブもあった。


First Album(初回限定盤)First Album(初回限定盤)
(2014/10/02)
tofubeats

商品詳細を見る

First Album(通常盤)First Album(通常盤)
(2014/10/02)
tofubeats

商品詳細を見る

| その他のアイドル | 01:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2014年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年10月