2012年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年07月

≫ EDIT

ALICE COVERS BORN THIS WAY - ALICE COOPER LIVE AT BONNAROO 2012

"Thank you, GAGA !"ってことで、Alice CooperによるLady Gagaのカバー。
恐らく死ぬまで現役なタイプの人だから、フツーにGAGAのこともライバル視してそう。

ブロンドの女性ギタリストはやっぱりオリアンティなんだね。
イントロのあたりはキレが悪いように感じたけど、どうかね?
ワリと自由にやらせてもらってるようで、気に入られてるんだね。
口の周りの血のメイクとか、彼女もノッてるんだなって思う。

曲の方はというと、いかにもAliceらしい仕上がりだと思う。
ライブだと歌も演奏もちょっと不安定だから、いっそちゃんとレコーディングしてもいいんじゃね?

面白いというか、まだまだ頑張るんだなぁって、元気をもらいました。


一方で、持ち歌の「Brutal Planet」なんだけど…

まぁ、声が出てない。
キーが合ってないのかね?
まぁ、このアルバムは微妙なデキだったけど、ライブで聴いてみると、悪くないね。
ただ声が全然なのが残念でならない。
バンドメンバーのコーラスは結構頑張ってるんだけどなぁ。
カバーの方がらしいってのが、不思議だ。
スポンサーサイト

| Rock | 00:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

真野恵里菜「Song for the DATE」

こうしてビデオをフルで見せてくれるってのは、いいもんだと思う今日この頃。
東映の公式が更新されるのを今か今かと待ってる間に、聴いてみた曲。

真野恵里菜の新曲です。
誰が作曲したのかは判らないけど、これはこれで彼女に合ってるんじゃないかと思う。
バックの音がやや五月蝿い気もするけど、それは慣れてしまえばいい(無茶?)。
しかし、もっとシンプルなアレンジでも良かったのではないかと思ったりするんだけど、僕がどうこう言ったところでどうなるもんでもないか。

これは単純に真野恵里菜が好きか嫌いかってことなんだろうけど、やっぱり声が好きだ。
絶対的に歌が上手いワケでもないし、とてつもなく特徴的な声でもないんだけど、声がね… 好き。
サビでのコーラスの入れかたとか、シュワーっとしたカンジがいいと思うワケです。
「これは売れる!」とは全然思えないし、イイ曲ってのはもっと沢山あるけど、「真野恵里菜、いいわ」と思わせる曲だと、ファンとしては思います。

そうするとこのビデオだよな。

白い衣装の真野恵里菜と黒い衣装の真野恵里菜が出てくるんだけど、正直、歌詞にマッチした映像とは言えない。
「side A」というタイトルから、もしかしたら白い真野恵里菜が歌うバージョンがあるのかもしれないけど。
監督が、笑顔じゃない真野恵里菜を撮りたかったとか、そういうノリなのかね?

やっぱり言えることは一言、「真野恵里菜はカワイイ」それだけ。


Song for the DATE (初回生産限定盤A)Song for the DATE (初回生産限定盤A)
(2012/06/27)
真野恵里菜

商品詳細を見る

Song for the DATE (初回生産限定盤B)Song for the DATE (初回生産限定盤B)
(2012/06/27)
真野恵里菜

商品詳細を見る

Song for the DATE (通常盤)Song for the DATE (通常盤)
(2012/06/27)
真野恵里菜

商品詳細を見る

| その他のアイドル | 23:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まずはLAメタルについて話し合おうか - ぱすぽ☆「Next Flight」

アイドル+客室乗務員+ロックというコンセプトは成功しているのかどうかよく判らないんだけど。
公式のディスコグラフィには新曲について「ぱすぽ☆meets LAメタル」との記載が!

「えっ!? 今、LAメタル!?」
って思ったけど、素直に聴いてみた。



悪くないと思うよ。
ぱすぽ☆的には。
ただ、LAメタル的かというと、そうでもないかな?
LAメタルというには、ちょっとノーテンキさが足りないかな?

さらに、youtubeにはこういう一文があった。

今年のぱすぽ☆は世界一周ロックの旅"ぱすぽ☆エアライン3部作"をリリース!


ぱすぽ☆ - Next Flight (Short Ver.) - YouTube

三部作?
ロックだし、あとはイギリスとヨーロッパのどこかってことかな?
欧州のどこかの国でデスメタルをモチーフに…なんてことは絶対にないか。

で、メンバーはというと…

●ジョシュ・フリース Josh Freese (ドラム)
ガンズ・アンド・ローゼズにはマット・ソーラムの後任として1997年から2000年にかけて参加。

●ロビン・フィンク Robin Finck (ギター)
ガンズ・アンド・ローゼズ(1997-1999,2001-2008)に参加。
あわせてナイン・インチ・ネイルズのギタリストとしてツアーメンバーとしてのキャリアがあることでも知られている。

●クリス・チェイニーChris Chaney  (ベース)
2002年ジェーンズ・アディクションにベーシストとして参加。


ディスコグラフィ|ぱすぽ☆オフィシャルサイト

基本的にはアクセルによる一人ガンズ時代のメンバーが中心ですか。
正直な話、アクセル一人のガンズで、どんなメンバーがいたかなんてまともに覚えてる人いないんじゃない?(バケットヘッドは別だけど)
それが売りになるのかどうか、怪しいとは思う。

うん、だからLAメタルとは何かってことから、話し合おうか。

ところで作曲誰よ?と思って検索したら、いくつかの通販サイトで「Anders Wikstrom」の名前が。
えっ? TREAT!?
な… 懐かし過ぎるっしょ。
まともに聴いたことないけどさ。
ってことでyoutubeから。

いかにも80年代末から90年代初頭に流行したHR/HM的なサウンドだね。
この曲を聴くと、なんとなく「Next Flight」のかすかなウェット感というか、ノーテンキさに欠けるところなんかも判る機がする。

さらにカップリングはというと…

カップリング曲「バスタブ」にもLAメタルの重要バンド、シンデレラのメンバーが参加

●エリック・ブリッティンガム Eric Brittingham (ベース)
LAメタルの代表的バンド、シンデレラのオリジナルメンバーでありベーシスト。

●フレッド・コウリー Fred Coury (ドラム)
LAメタルの代表的バンド、シンデレラに2nd Albumより参加


ディスコグラフィ|ぱすぽ☆オフィシャルサイト

ここで、何故シンデレラ?
個人的にシンデレラというとあの個性的なヴォーカル以外は全然判らないんだけどなぁ。
そもそもこの曲しか知らないんだけど…

途中でダミ声に変わるところとか、非常に印象的だった。
この曲にドラムもベースもいるね。

とりあえず、このままの路線で行って欲しいけど、それほど売れるとは思えないんだけどね。
客室乗務員という設定が、ある種キワモノ的な空気を漂わせてしまうのではないかと、思ったり、思わなかったり…


Next Flight(初回限定盤A)(ファーストクラス盤)(DVD付)Next Flight(初回限定盤A)(ファーストクラス盤)(DVD付)
(2012/06/13)
ぱすぽ☆

商品詳細を見る

Next Flight(初回限定盤B)(ビジネスクラス盤)(DVD付)Next Flight(初回限定盤B)(ビジネスクラス盤)(DVD付)
(2012/06/13)
ぱすぽ☆

商品詳細を見る

Next Flight(エコノミークラス盤)Next Flight(エコノミークラス盤)
(2012/06/13)
ぱすぽ☆

商品詳細を見る

| その他のアイドル | 00:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

違和感の正体を突き止めるために… - ViViD「REAL」

現在放送中の「ガンダムAGE」の第3部オープニングテーマ。
まぁ、長男(六歳)もワリとお気に入りの歌なようだけど、パパ的には違和感が…

歌いだしの「届かせて」にどうしてもひっかかってしまう。

届かせて この胸に
かすかに残る 君の声を
夢じゃない 現実で
さまよい続けてた
ViViD「REAL」


最初、あれこれ考えてたときはてっきり「君の声」を「この胸」に「届かせて」欲しいのかと思った。
でも「かすかに残る 君の声」を君が僕へ届けるのは、ちょっとおかしいくないか?

後半のサビだと、こうなっている。

届かせる その胸に
たしかな想い 僕の声を
終らない 現実で
叫び続けていく
ViViD「REAL」


後半(の前半部分)は「僕は僕の声をその胸に届かせる」という、つまりは決意表明みたいなものと取れる。

そうすると、前半のサビ(の前半部分)は「僕にこの胸にかすかに残る君の声を(君へ?)届かせて」と並べなおせるかと思う。

ひょっとすると「僕にピアノを弾かせて」みたいなつもりかもしれないけど、こられって対応する他動詞がない自動詞だから成立する文章なのではないかと。
「僕に声を届かせて」だと「あなたが僕に声を届かせて」って形になって、意味が変わってしまうのではないかと。

もしかしたら「届けたい この胸に/かすかに残る 君の声を」とかの方が自然だったのかもしれない。
勿論、語呂が悪いってのはよーく分かる話。


まぁ、見当はずれの文章だったとしても、怒らないで下さいね。
眠い頭で書いてるから、支離滅裂かもしれないし。


(参考)
http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/metadb/up/kiyo/AN00090146/kokubungakukou_196_l1.pdf
http://w01.i-next.ne.jp/~g140179870/sieki.html
http://www.chikyu-gakko.org/column/hushigi/hushigi_bn148.php

REAL(初回生産限定盤A)(DVD付)REAL(初回生産限定盤A)(DVD付)
(2012/05/16)
ViViD

商品詳細を見る

| Soundtrack | 03:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年07月