FC2ブログ

2011年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年07月

≫ EDIT

サントラ「劇場版 ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦」

興奮して観てきた「ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦」のサントラ。

劇場でデンジマンのBGMがかかった瞬間、ちょっとヤバかったぜ。
しかしそのBGMも、もしかして新録?と期待したけど、やっぱりオリジナル版が収録されてた。
いや、まぁ、聴けば判る話なんだけどさ。

基本的にはゴーカイジャーとゴセイジャーのBGMの寄せ集め、プラス新曲…に、さらに顔出しした歴代スーパー戦隊のBGMって所。

冒頭でも書いたデンジマンの「戦士の誓い」は、やっぱり耳に焼き付いているというか、身体に染み込んでるわ。
懐かしいもん。
デカレンジャーとかは馴染みがないので、個人的には微妙だったが、デンジマン同様ファンにはたまらないのかもしれない。

ゴセイジャーのBGMも含まれていたりするが、全体的なトーンは一緒だね。
意図的なのか、それがここ最近のスーパー戦隊のBGMの特徴なのか、よくは判らないが…

まぁ… なんだ、あれこれ文句を言いながら一年間見続けてきたせいもあって、結構ゴセイジャーのBGMが耳に残ってるわ。

TV版でもシリアスなシーンで流れる「決意を込めて走れ!」が結構好きだな。


そうそう、一番驚いたのが、ゴーカイジャーの主題歌の頭についてた「アバンタイトル」が独立して収録されたこと。
TV版のサントラにはサントラオリジナルのナレーションが付いてたし、主題歌シングルにはそもそも収録されてなかったアレが…!
やっぱりこの唄には、このイントロが付いてないとしっくりこない。
そのうちナレーション付きも、収録されるといいなぁ…なんて思ったり。

それにしても、この主題歌「海賊戦隊ゴーカイジャー」の突き抜けた爽やかさといったら。

そして「進め!ゴレンジャー」だな。
劇場でも聴いたときはちょっとぶっ飛んだが、やっぱりシンプルで力強い唄だと再確認。
「とべ!ゴレンゴーカイオー」はその「進め!ゴレンジャー」を取り入れた曲で、フレーズが出てくると思わずニヤけてしまう。シンプルな判りやすさは、とても強烈だ。


ラストは「199ver.」の「スーパーヒーローゲッター」だ。
間奏やらをオミットして、紹介の歌詞を一気につなげたバージョン。
まぁ、劇場版ではそれぞれの名乗りをやってくれるとは思ってなかったけど、これをバックにそれぞれのポーズを取ってたエンディングは良かったな。

やはりDVDが出たら買うしかないのか?
特典によっては…


劇場版 ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦劇場版 ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦
(2011/06/22)
(キッズ)、Project.R 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

| 特撮 | 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Weird Al Yankovic「Perform This Way」

衰えを知らないというか、相変わらずな人で安心します。

やたらと大仰なアルバム告知ビデオ!


でもって、ある意味目玉なのが、LADY GAGAをネタにしたコレ。

「イカれてるんじゃなくて、演じてるだけだよ」ってことかね?

PVもフルで見てみたいな。



AlpocalypseAlpocalypse
(2011/06/21)
Weird Al Yankovic

商品詳細を見る

| Pop | 02:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

NELSON「Lightning Strikes Twice」

NELSONって、「After the rain」とか「Won't Walk Away」しか知らない…と思いながらも、コレ。

いやー、いいね。
爽やかなサウンドにボーカル。

ここ数年、80年代終わりから90年代初めに活躍してたバンドの多くが復活して、いいアルバムを作ってる印象がある。
EUROPEやWINGER、HARDLINEなどなど…(これくらい?)
まぁ、時代がまためぐってきたってことなのかもしれないけど、当時ほどストレートに売上げに結びついてないのは仕方ないか。
まぁ、音楽自体が趣味の中で占めるポジションが当時ほどでないってだけかもしれないけど。

そう、NELSONね。
オープニングの「Call me」からして、なんだかポジティブになれる気持ちのよい曲だ。
なんだか、高校時代、HR/HMを聴きまくってた頃に引き戻される感覚だわ。
メロディラインをなぞるギターソロに、分厚いハーモニーといい、「僕が好きだったのはコレだ」と。

なんつーかさ、どの曲もBメロからサビに向かう辺りの高揚感がなんとも言えない。
ジャケットの絵とは正反対で、ピーカンの中で聴きたいアルバムだ。


ちょっとメロウな「How can I miss you ?」も、アルバム全体を通して聴くと、いいアクセントになってると思う。

とにかくサビもキャッチーだし、聴いていて気持ちがいい。

これは当たりだと思う。
昔のアルバムも、中古なら安いかな??


ここんとこアイドル、デス寄りのメタルが中心だったけど、個人的に原点回帰っぽい気分なのかな?


ライトニング・ストライクス・トワイスライトニング・ストライクス・トワイス
(2010/12/22)
ネルソン

商品詳細を見る

| Rock | 00:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年07月