2011年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年05月

≫ EDIT

仮面ライダーGIRLS「Let's Go Riderkick 2011」

毎週、「ゴーカイジャー」と「オーズ」を見ていると、イヤでも耳に入る彼女たちの歌声。
微妙に歌いまわしの違う「レッツゴー・ライダーキック」は、案外耳に残る。
そしてことあるごとに口ずさむ長男(五歳)のせいで、さらに頭の中を回る、回る…

そして先日劇場版を見て、さらに中毒気味。

「はー、はっはっは、おー」という掛け声で始まるイントロを聴いてたら、「電王」を思い出した…と思ったら、アレンジは鳴瀬シュウヘイですか。
なるほど。
やたらとクラッシュ連発とか、なんか面白いね。
やっぱり微妙に違う歌い回しがなんとも… 耳に残るわ。
サビの終わり、「ライダー、ライダー」の部分がねぇ。
耳について離れないのは、やっぱり菊池俊輔センセのパワーですかね。


正直、彼女たちの歌は評価のしようがないな。


二曲目は「恋のライダーキック」です。
こちらはアレンジだけでなく、作曲も鳴瀬シュウヘイ。
まぁ、企画アイドル向けっぽい曲ですね。
ところどころソロがあるけど、判別不能。


三曲目の「(ハート記号)の変身ベルト」(オフィシャル表記)ですね。
イントロが、ちょっと懐かしいアメリカンハードロック風味で、なんだか期待させる。
歌が始まれば、アイドルソングだけど、こっちの方が歌詞にも遊びがあって楽しい。

逢いたいの かならず on Sunday


なんてねぇ。


で、今後、どういう活動をしてくのかね?
仮面ライダーという作品に寄り添っていくのか、仮面ライダーGIRLSとして独立してくのかどうか…
正直、誰に向けてんの?って思う。


Let\'s Go RiderKick 2011 (DVD付)Let\'s Go RiderKick 2011 (DVD付)
(2011/04/20)
仮面ライダーGIRLS

商品詳細を見る
スポンサーサイト

| 特撮 | 00:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「朧月夜」

子供が生まれて、ひとつ気がついたことがある。

所謂、童謡や唱歌のたぐいをあまり知らない、ということに。


勿論、保育園にも通ってたし、小学校にも通ってたから、色々と触れているハズなのに、思い出せないことが多い。
年齢的なもので、忘れているだけなのかもしれないけど…

嫁に言わせれば知ってて当たり前なんだけど、思い出せない…というか、知らないことが多い。
なので、子供と一緒にNHK教育を見てると、案外発見が多い。

ってことで「朧月夜」です。
最近「にほんごであそぼ」で流れてる曲。おおたか静流だよな。
子供(五歳ともうすぐ二歳)には市川亀治郎の「うーれーしーや、かーぶーき」の方がツボみたいだけど。

さすがにyoutubeにはなかったので、別バージョンを。

子供と一緒にテレビを見ていて、こうした唱歌や童謡のよさに改めて気がつくってことが多い。

中島美嘉も歌ってたのを思い出した。

こちらはJ-POP的アレンジだね。
もう少しシンプルなアレンジにした方が良かったのではないかと思う。
まぁ、中島美嘉があまり好きではないということなのかもしれない。

当時も「~祈り」というサブタイトルに疑問を感じたものだが、アレンジ同様、無駄なものが多いな。

アコーディオンで演奏してる人がいた。

いっそ、これくらいのが清々しい。


埋め込み出来なかったのでリンクをはるだけだけど、倍賞千恵子もいい雰囲気だよね。
YouTube - 倍賞千恵子 BAISHO CHIEKO - 朧月夜 OBORO ZUKI YO
バックの演奏が時代を感じさせる。


そうそう、宇井かおりもラジオで歌ったんだね。

この人の1stと2ndは大好きだった。
ラジオも一時期聴いてたよ。
今はどうしてるだろう?


こういう曲には、あれこれアレンジして手を加える必要はないって、よく判った。

| みんなのうた/他NHK関連 | 00:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

生活リズムが変わって

別のブログにも書いたけど、転職しました。
自宅から自転車で15分程度。
しかも保育園経由なので、子供と一緒の時間は聴けないのです。


…ってことで、音楽を聴く時間が大幅削減!

以前は電車で15分程度に歩きが少しに、さらに仕事中にもイヤホンで…と豊富に音楽に触れる機会があったんだけどなぁ。
休日の車も子供に占拠されているので、音楽を聴く時間が本当に減ってる。


恐らく今後はさらに更新が少なくなっていくんだろうな、と。

| diary | 00:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年05月