FC2ブログ

2009年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年05月

≫ EDIT

「少年仮面ライダー隊」

最近…というか、この1年くらい、息子の仮面ライダー/スーパー戦隊シリーズ熱は凄まじい(別blog参照)。
最近、車のBGMは、ライダーか戦隊モノ。
でもって、一番ぶっとんだのがこの曲。

仮面ライダーV3のエンディングテーマ「少年仮面ライダー隊」という歌。

まぁ、検索すればすぐに出てくる話題ではあるんだけど…

1番では

ツーツーツツーとペンダント

で怪人が現れたことを伝え、2番では

ビュンビュンビュビュンと自転車隊

が怪人を探し、3番ではなぜか

ポーポーポポーと伝書鳩

が怪人がきたことを

全力で僕らの手紙を 持って飛ぶ

という展開。

いやいやいや。

のどか過ぎるでしょ。
ペンダントがあるなら鳩いらねーじゃん、とか、電話しろよって無粋なツッコミはナシ。

作詞のクレジットは「八手三郎」みたいだな。
ライダーで八手三郎?

まぁ、歌詞もさることながら、前半はコロムビアゆりかご会(現:音羽ゆりかご会)の子どもたちの歌声なんだが、例の「ツーツーツツー」から入ってくる水木一郎の唐突さもかなりのポイント。

TVサイズの1番だけじゃ判らないことって、あるんだなぁ~って話。


永久保存版 仮面ライダー 全主題歌集永久保存版 仮面ライダー 全主題歌集
(2007/01/24)
アニメ主題歌子門真人

商品詳細を見る
スポンサーサイト

| 特撮 | 13:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Gackt「Journey through the Decade」 - 仮面ライダーディケイド

ふとチャンネルを変えたら、ビックリ!
「Mステ」でGacktがこれを歌ってるじゃんか。
なんで今?と思わないでもないけど、素直に喜ぼうじゃないか。

ちょうどイントロが終わって、歌い始めるところ…

えぇーーーー!

口パクじゃないのはいいけど、なんだか酷いなぁ。
不安定という問題じゃないな。これは…

サビは口パク?

と、ガッカリしたのは秘密だ。


レビューしようとして、ブラウザがオチて、更新できなかったので、改めて。

曲はカッコイイですね。
歌詞もディケイドの世界観をきちんと取り込んでるしね。
「9つの道」とか「旅に出る理由は 世界が滅ぶ未来 変えるため」とか「十度目に立ち上がった」とかさ。
こういう風にきちんと押さえててくれると、聴いてるだけで世界に入り込めるね。

作詞してる藤林聖子って人、凄いね。
こういう詞を書いてる一方で、「チャンチャンバラ、チャーンバラァ」って侍戦隊シンケンジャーの歌詞も書いてるんだから。それでいてJ-POPシンガーにも提供してるんでしょ? 凄いわ。

オマケのDVDにPVが入ってるんだけど(発売日にはyoutubeで見放題でした)、曲のリズムやテンポとかには一切合わせる気がないってのは… さすがに映像は綺麗だし、見慣れるとカッコイイディケイドや喋らないで動いてると結構映える士といい、いいんだけど、音と合ってないので、正直イマイチ。

Gacktとして、自作の曲じゃないって部分はどう思ってるんだろう?


Journey through the DecadeJourney through the Decade
(2009/03/25)
Gackt

商品詳細を見る

Journey through the DecadeJourney through the Decade
(2009/03/25)
Gackt

商品詳細を見る

| 特撮 | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

門矢士(井上正大)「Ride The Wind」

仮面ライダーディケイド」のエンディングテーマ。
とはいうものの、実質的には挿入歌。

前作「仮面ライダーキバ」では主演の瀬戸康史がTETRA-FANGとして歌っており、バンド(グループ?)としての体裁が、いい効果を生んでいたのではないかと思う。枚数を重ねるごとに上達し、サウンドアレンジも統一されてて、よかった。また他の出演者(特に麻生親子)が歌が上手くて、他の楽曲もかなり楽しめた。

って、これはディケイドのシングルか。

劇中の大根役者っぷりは、さすがに見てる方が慣れたのか、それとも演技が上達したのか、それなりになってきてるが、やはりあの微妙な鼻声が気になるなぁ。
それは歌も同じ。
ちょっと緊迫感に欠ける曲だけどなぁ。

曲自体はカッコイイ部類に入るので、ちょっと惜しいな。

カップリングはBGMとカラオケ。
BGMは、あの「通りすがりの仮面ライダーさ、変身!」で流れるあの曲の別アレンジ。せっかくなんだからオリジナルのがよかったなぁ。



Ride the WindRide the Wind
(2009/04/22)
門矢士(井上正大)

商品詳細を見る

| 特撮 | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

愚痴

最近、あまりTVを見ない。
本ばかり買ってる気がする。
youtubeにしても、子ども用のネタ探しに、特撮ものかNHK教育関係しか見てない気がする。

僕がすすんで見る番組って「たかじんのそこまで言って委員会」くらいか。

更新も滞りがち。

CD屋にも行ってねーなぁ。

新しい音に関する情報がなかなかない。
毎月「BURRN!」を立ち読みしてるけど、欲しい!と思えるCDがなかなかない。
僕の好きなメタル系バンド、ミュージシャンはあまり活発な活動をしてない(THUNDERは解散するし)。

ちょっと優先順位が下がってきてるかなぁ?
またぼちぼちベースを弾き始めてるけど、KATZEにfra-foaだしなぁ。
KATZEは好きっていうよりも、昔お手伝いしてたバンドでコピーしてたからってだけだし。
他にバンドでやってた曲も、音源がないのが多い(そもそもテープがほとんどだし)。

ふとプレイヤーを見ると、平成仮面ライダーで埋め尽くされているカンジだ。
他にはdreamにPerfumeか。
一応GN'Rも。

なんか魂を揺り動かされる音楽との出会いがないかなぁ?

ラジオの流れる会社が懐かしい。

| diary | 15:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

fra-foa「宙の淵」

多分、随分前に書いてる気がしないでもないけど、今、無性にこれを聴きたくなった。

正直、廃盤なのが残念でならない。
再発は無理だろうな。
iTunesで買える?
知らないけど(調べたけど、買えなかった)。

fra-foaが活動してたこと、バンドでコピーしてました。
そういう意味では思い入れはたっぷり。

ライブにも行ったなぁ。
三上ちさこがソロになっても、行った。

ここぞで(音を?ケーブルを?)外すギター。
シンプルで結構好きだったベース。
簡単そうだったけど、コピーするの案外大変だったドラム(初心者では無理)。

一見するとボーカルの三上ちさこの存在だけのバンドに見えるけど、ソロになってからのアルバムを聴いて、メンバーの存在(というか音)も重要な要素だったと気づく。

荒削りな演奏(特にギター)。
ひたすら生っぽい音。
魂を削るような声、歌、絶叫--。

音楽性こそ違え、初めてライブを見たときに、高木郁乃を思い出した。
彼女もライブでは、それこそぶっ倒れんばかりであった。涙を流しながら歌っていた姿は、印象的だった。

なんだろうね。
気分的なものなのかな?

決して癒されない。
元気になるワケでもない。
でも、ときどき無性に聴きたくなる。

あぁ、そうか。
ベースを弾きたいんだ。

でもさ、もし、こういう歌い手がいたら、僕も音楽にのめりこんでいただろうか?

公式サイトはまだ、生きてたか。
http://www.fra-foa.net/

僕も君も 最後はひとりだけど
僕は君の眠れない夜を知ってる
だから つぶれそうな夜は思い出すよ
もがいてる誰かがいることを--



手元にバンドスコアしかなくて、漢字があってるかな?

とyoutube見てたら、クラムボンも聴きたくなってきた。

宙の淵宙の淵
(2001/02/21)
fra-foa

商品詳細を見る

| J-Pop | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

THE SYN「Big Sky」

本当は、Gacktが歌う「仮面ライダーディケイド」の主題歌について書いてたんだけど、ブラウザがオチで記事が消えてしまったので、別の話題。

【The Syn】イエスの母体バンドとして知られるThe Synが新体制で新作を発表!元イット・バイツのフランシスら参加 - CDJournal.com ニュース
http://www.cdjournal.com/main/news/news.php?nno=23306


上記URLの記事によると

60年代のオリジナル期にも参加したクリス・スクワイアを中心に復活を遂げた彼らですが、現在はスクワイアは脱退し、イット・バイツのフロントマンであったフランシス・ダナリー(Francis Dunnery)、スティーヴ・ナーデリ(Steve Nardelli)、トム・ブリズリン(Tom Brislin)の3人がメイン・メンバーとして名を連ねています。

だそうで、結局、誰のどういうバンドかよく判らない状態ってカンジですね。

MySpaceの記述によると、
The Syn 2009 ('Big Sky' CORE LINEUP) is: STEVE NARDELLI, lead vocals, lyricist, guitar; Francis Dunnery, guitars, vocals, and TOM BRISLIN, keyboards.

早速、MySpaceで聴いてみる。

「Devils and demons」という曲の一部が聴ける。

メインボーカルはSteve Nardelliなんだね。ところどころで入るFrancisの声がイイカンジ。
オルガン(?)のソロも味があっていいし、そのソロの後のFrancisの歌もいいね。もっと聴きたいけど、フェードアウト。

でもさ、このバンドのオリジナルの音って知らないんだよね。
ってことで、オフィシャルからリンクされているレコード会社(?)のMySpaceに行くと、何曲か試聴できる。

曲目を見ると、ニューアルバムの曲ではないようで… とすると、この新作の音はあながち別のバンドってことではないんだろうな。

ちょっと楽しみだな。
国内盤でるのかな?…と思ったけど、出ないっぽいね。

残念。


Big SkyBig Sky
(2009/04/21)
Syn

商品詳細を見る

| Rock | 00:27 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

2009年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年05月