2008年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年02月

≫ EDIT

最近、TVで見た人

今週(といっても、もう土曜日)、テレビで見た女性ボーカルを3人ほど、挙げてみる。

まずは「HEY! HEY! HEY!」でみた三船美佳(と旦那のバンド)。
トーク部分で自分がいかにオンチかと語っていた三船美佳。そして「とにかく早く納品したかった」という高橋ジョージ。
いや~、気持ち判ります。
びっくりするくらい下手で、むしろすがすがしいほど。

…歌は全然記憶にないなぁ。

『 Birthday Party / TIME MACHINE 』映画「Yes!プリキュア5 GoGo! お菓子の国のハッピーバースディ」主題歌『 Birthday Party / TIME MACHINE 』映画「Yes!プリキュア5 GoGo! お菓子の国のハッピーバースディ」主題歌
(2008/11/05)
三船美佳&THE TRA★BRYU with Renon三船美佳&THE TRA★BRYU

商品詳細を見る



つづいて岡本玲。
あまり好みの顔じゃないけど、大きなお世話だな。
なんだろう? こんなに下手だっけ?? ってなイメージだな。
決して「上手いね」と言えるようなカンジでもなかったけど、こうまで○○とは…
ギターを弾きながらだし、そういう部分を差し引いても、ちょっとどうかと思う。
なんつーか、可愛さアピールに集中しすぎ?ってなカンジもしないでもないな。
歌詞もちょっと聴いてて恥ずかしくなるパターン。まぁ、彼女がモデルやってる雑誌を読むような年齢層なら、「キャー、カワイイ!」って思うのかもしれないけどさ。
こちらの曲の方が、印象にのこったな(歌詞のせい?)。

恋愛方程式/地図にない場所(初回盤)(DVD付)恋愛方程式/地図にない場所(初回盤)(DVD付)
(2008/10/22)
岡本玲

商品詳細を見る



最後はカエラ。
こちらは「Mステ」です。
珍しく彼女が作詞をしていない。
何度もMステで見てるけど、曲の編集され具合が、あまりいい方へ向いてない気がするんだよなぁ。
っと、今回はちょっと地味だね。
でもCDで聴いてると、あとからじわじわくるパターンだな、きっと。
えーっと、これは買う。

どこどこ
(2009/01/28)
木村カエラ

商品詳細を見る


倖田來未も出てたな。
彼女はああいうのは合わないな。もうちょっと歌モノっぽい方がいいと思うんだけど。


「ミュージックステーション」といえば、来週は再結成ユニコーンが出る。
その1点だけに集中してます。
スポンサーサイト

| J-Pop | 01:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SWEET BLACK feat. Maki Goto「Fly Away」

いよいよ始動、のようです。
後藤真希。

とりあえずyoutubeのみかな?
YouTube - SWEET BLACK feat. MAKI GOTO / Fly away

一応、2chの芸スポから。
【音楽】後藤真希復帰第1弾「Fly Away」で“グッと大人になったごっちんの歌声と美貌を堪能”(画像・動画あり)[01/22]

まぁ、このSWEET BLACKなるグループ?は、知らないのだけど、サウンド的には、avex的なのかな?
単調なリフレインが、ワリとクセになるね。
単純に言えば「悪くない」ですねぇ。
歌い方も大きく変わってるワケでもないし、ようやくまともな曲に出会えたってことかな?

○○っぽい」といえば言えるんだけど、そういう部分は抜きにして、素直に復活を祝おうか。
脱ハロプロで、きちんと成功してほしいなぁ。

買うか?
…ちょっと悩むなぁ。
再始動一発目が、こう地味だとなぁ…

| J-Pop | 23:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Utada「Come back to me」

寝る前に、遅ればせながら、僕も書いておこうと思う。

宇多田ヒカルの、Utada名義の新曲。
すでにネットのニュースなんかで見てて、そのタイミングで聴いてるんだけど、改めて聴いてみる。

その前にひとつ。
宇多田ヒカルのアルバムは全部持ってるけど、Utada名義のは結局聴いてない。
一応、TVでは見た(聴いた)けど、ちょっと日本向けの曲とはスタイルが違うって印象だったけど?


荘厳で、印象的なピアノのイントロ。
AメロからBメロあたりの演奏は、基本的にピアノとリズムのみ。確かに、ここでベースやストリングスがねちっこいラインを弾いてたら、ちょっとこってりかも。

歌メロはシンプル。
なんか、日本語で聴いてみたいな。

サビでもワリと抑え目のアレンジ。

でも宇多田ヒカル好きとしては、じわじわくるね。
結構いいと思う。
ただ、Utadaの2ndアルバムを、ここからどう想像したらいいのか、全然判らないけど。

なんというか、迷いがなくなったってことなのかな?

でも、こういう路線なら、買ってもいいかな。

Utada on MySpace Music
http://www.myspace.com/thisisutada

| Pop | 03:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Cheyenne Kimballの新バンド? - GLORIANA

ひそかに国内盤デビューを期待してたけど、おそらく実現しないだろうなぁ、と諦めてるのがCheyenne Kimball。
デビューアルバムはかなり気に入ってるし、ここでも何度か話題にしたと思う。

ふと、検索してみたら、本当にバンドを始めたみたいですねぇ。

GLORIANAという名前らしい。

とりあえずサイトとMySpaceで2曲聴ける。

http://www.gloriana.com/
http://www.myspace.com/gloriana

「Wild at heart」と「The way it goes」の2曲なんだけど、MySpaceの影響を受けた音楽に列挙されているバンド、ミュージシャン(Fleetwood Mac, The Eagles, Keith Urban, Ryan Adams, Tom Petty, Sheryl Crow)から想像できるような、カントリー+ポップ+ロックなサウンド。
みんなのハーモニーも気持ちいい。
なんだか歌いたくなる。

メンバーは
Tom Gossin- Vocals/Guitar
Rachel Reinert- Vocals
Cheyenne Kimball- Vocals/Mandolin
Mike Gossin- Vocals/Guitar

全然知らない人ばかりですが、きっとコレも日本では発売しないんだろうなぁ。
とりあえずアルバムを出してくれることを祈って…

(追記)
Temporary Internet Filesをのぞいたら、mp3がありました。
どうやらオフィシャルサイトでは、表示されているプレイヤーはflashだけど、音源自体はmp3のようです。

| Rock | 03:47 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

EUROPE「Wings Of Tomorrow」

中古で500円。

EUROPEの2ndアルバム。

EUROPEといえば、個人的な思い出としては、高校時代の2つ上の先輩が好きでってこと。
その後、黒いジャケットのベスト盤(1st~4thまで)を購入して、聴きまくった。
収録曲は全部で10曲。そのうち6曲がそのベストに入っていたので、この2ndアルバムの重要さがわかるというもの。

…改めて、というか初めて全体を通して聴いてみて、いかに先述のベストを聴きまくってきたかってことを再認識した。

ベストに入ってない曲が、なんだか…

えーっと…

このアルバムから、キーボード奏者のミック・ミカエリが加入し、ドラマーがイアン・ホーグランドに変わった。
現在再結成したラインナップということで。

1曲目は「Stormwind」はあまり好きじゃないな。でもシングルだったらしい。

2曲目は「Scream of anger」で、これはジョーイとTALISMANのMarcel Jacobとの共作。なんつーか、他の曲と比べても、ヘヴィな印象。結構好きな曲。

つづいてバラードで4thでもリメイクされる「Open your heart」。2ndも4thも、どっちもあまり印象は変わらないなぁ。

続くのはベストからもれた「Treated Bad Again」なんだが… まぁ、なんだ… やっぱもれるわなって思った。なんつーかギターメインの曲で、リズムも歌もあまり好きじゃないな。

そしてインストの「Aphasia」。先に続いてジョン・ノーラム節全開!
ベストもこの曲順だったけど、「Aphasia」の次はタイトルトラックの「Wings of tomorrow」だよね。
これは何度聴いてもカッコイイっす(近年のライブじゃもっさりしてるみたいだけど)。

ここから2曲はベストからもれてるヤツ。
「Wasted time」と「Lyin' eyes」は、ワリとストレートというか、地味かも。でも気合のギターソロは結構好印象だな。「Lyin' eyes」はジョーイの若さあふれる歌唱もあって、好きかも。
 
おぉ!
「Ddreamer」だ!!
これ、好きなだぁ。「open you heart」なんかより、全然いいと思うんだけどなぁ。
物悲しいAメロからBメロ。そこで出てくるサビのメロディの譜割りがなんだかかっちりしてて、微笑ましい。フェードアウトが残念だけど。

ラストの「Dance The Night Away」は、珍しくスピーディな曲。パワフルで、カッコイイね。
EUROPEって、案外速い曲って少ない気がしてるんだけど、こういう曲もあるんだね。
これはベストに入れてもよかったんじゃない??

リアルタイムじゃない分(24年前)、サウンドの古臭さっていうのは否めないワケで… おまけにベストに入っていない曲だけに絞ると、ちょっと印象薄いなぁ。

でも、好きだな。
やっぱりこの声ですよ。

…正直、キーボードの出番てかなり少ないねぇ。


明日への翼明日への翼
(2004/09/23)
ヨーロッパ

商品詳細を見る

| Hard Rock/Heavy Metal | 01:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カバーアルバム対決 - Eric Martin「Mr. Vocalist」 と Andrew W.K.「一発勝負」

新年早々、購入じゃなくて、お店で試聴したCDで申し訳ありません。
だって、財布に2000円しか入ってなかったから…

まず、元MR.BIGのエリック・マーティンのJ-POPカバーアルバムです。
まぁ、曲目を見てもらうと…

PRIDE
ハナミズキ
あなたのキスを数えましょう ~You were mine~
Everything
Precious
Time Goes By
M
I Believe
雪の華
The Voice ~Jupiter
LOVE LOVE LOVE

で一通り聴いてみる。
確かに歌は絶品。
ただアレンジにあまり変化がなくて、全体的に統一感があると言えば言えるんだけど、むしろ全体を通して聴き続けるのはちょっとしんどい印象。
変化がないということでいうと、オリジナルと大差ないアレンジなので、いい意味での驚きが少ない。
強いて言うと、英語で歌われているため、日本語のときのように歌詞がストレートに入ってこない分だけ、メロディに集中できる。そのおかげで「あぁ、いい曲だなぁ」と思えたりする。
僕は徳永英明のカバーアルバムもたいして面白いと思ってないので、そういう意味では明らかに「合わない」アルバムだといえる。

で、「兄貴」ことアンドリューWKのカバーアルバム。
こちらはメタル的/パンク的サウンドアレンジに合う曲を中心にピックアップしてる印象。

KISEKI
GIROPPON
羞恥心
リンダ リンダ
小さな恋のうた(Little Love Song)
学園天国
Runner
モニカ
ボヘミアン
ラヴ・イズ・オーヴァー
MY FIRST KISS
哀 戦士
島唄
スリル

「ぽっぽ」を連呼しない「六本木~GIROPPON」が意外にイイ!
オリジナルのシンガーの歌唱力が非常にアレだし、歌詞もアレなので、英語でガッツリ歌われると、フツーにキャッチーなロックソングに変身。
まぁ、こちらもオリジナルと大幅に変わってる曲が少ないので、「まんま」なイメージだけど、こっちの方が素直に企画物として楽しめるかな?

総合的に見て、アンドリューWKのが好きだけど、どのアルバムもすぐに飽きそう。

…なので、試聴で終わらせて正解ってことで。
新年早々、ネガティブなエントリだこと。


MR.VOCALISTMR.VOCALIST
(2008/11/26)
エリック・マーティン

商品詳細を見る

一発勝負~カヴァー・アルバム一発勝負~カヴァー・アルバム
(2008/11/26)
アンドリューW.K.

商品詳細を見る

| Rock | 00:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年02月