FC2ブログ

2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

≫ EDIT

土屋アンナ「ヌーディー・ショウ!」

土屋アンナの新作。
なんだかんだと、アルバムは全部チェックしてるワタシ。

DVD付きね。
シングルのPVが全部ついてるんだけど、地道にDVD付き買ったファンが泣いてるぜ。

まずはDVDを見る。
アニメ「NANA」の「黒い涙」「LUCY」はさすがに、イマドキなハードロックってカンジ。勢いもあるし、カッコイイね。
以降はややヘヴィさに欠けるなぁ。
これまでとはサウンド的には広げていこうってことなんだろうな。
「Crazy World」でのAIは、やっぱりいなくてもいいなぁ。別にラップなくても曲として成立するし。
さすがにヴィジュアル的には(元?)モデルってことで、それなりに、なんだけど、ちょっと痩せすぎかな…個人的には、だけど。
まぁ、個人的にはミュージシャンの人となりってのにはあまり興味がないので、インタビューはパス。
でも、なんちゃって弾き語りの「True Colors」はいいね。ハスキーな声がシンディー・ローパーっぽいのかな。アルバムに入ってたパンクなアレンジは、アレンジとしてはイマイチだったけどさ。素直にこういうアレンジのが良かったのにね。


アルバムね。
DVDを見たり、最近のシングルを聴くにつけ、これまでのヘヴィさ、ストレートにロックする!って傾向ではなくなってきてるね。
楽曲も、これまでのアルバムの中で一番バラエティに富んでいる。

今CMでも流れてるMONKEY MAJIKとの「GINGER」って、きちんと土屋アンナとMONKEY MAJIKそれぞれの色が出てて、競作した甲斐があるってもんだね。これも前のアルバムとかだと、確実に浮くような曲だけど、きちんと溶け込んでるね。

で、14曲目の「LUCY」が出てくるんだけど、なんか「待ってました!」って思ってしまったのは、やっぱり土屋アンナにはこういうハードなサウンドを求めてるからだろうな。

ここから続けて割合ハードなサウンドが続き、「黒い涙」でシメ。
…だけど、なんだ、この"deep sadness version"って。
ピアノのイントロ。大仰なストリングス…
途中から歪んだギターも入ってくるんだけど、ストリングスがウゼー。
まぁ、今更な曲だし、ちょっとは変えていかないとってのは判らないでもないけど…

これまでのハードロック路線からはやや離れて、もうすこしいろいろなことに挑戦しようってことなのかな?
個人的には少し耳が疲れるようなロックをお願いします。


NUDY SHOW!(DVD付)NUDY SHOW!(DVD付)
(2008/10/29)
土屋アンナANNA TSUCHIYA feat.AI

商品詳細を見る

NUDY SHOW!NUDY SHOW!
(2008/10/29)
土屋アンナANNA TSUCHIYA feat.AI

商品詳細を見る
スポンサーサイト

| J-Pop | 22:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

IT BITES再始動だってーーー?

IT BITESが再結成したって…

…とはいってもFrancis Dunnery抜き。

牛肉抜きの牛丼かよ。

聴かないで、そういうことを言うもんじゃない。

でもって、MySpaceの登場。

http://www.myspace.com/itbites

再結成アルバムと、これから出るライブアルバムから何曲か聴けました。

あのコーラスとキーボードの音色は、まさにIT BITESです。
でも、ボーカルが…
判ってるんだ、Francisじゃないってことは。
でもさ、このサウンドだと、アノ声が自然と浮かんでくるんだよ。
新しいボーカルには罪はないんだけど、かわいそう。

でも、新生IT BITESは、まぁまぁのデキだと思います。
これならアルバムを買ってもいいと思う。
キーボード主体のロックアルバムってことで言えば、結構上出来な部類だと思う。

問題は、昔の曲さ。

ライブアルバムからと思われる曲は、「Calling On The Hero」「Playground」と「Kiss Like Judas」です。
おぉ! このイントロ!という期待感から聴こえてくるボーカルは、やっぱり違う。
Francisのちょっと軽やかというか、ハスキーな声と違って、ちょっと地味なんだけど、ところどころ似てるポイントがあったりするのが、なんとも…
上手い下手という部分じゃなくて、良くも悪くもFrancisの声って特徴があるからなぁ。
しかし、ギターも上手いね、この人。

おっと、「Playground」は最新アルバムからの曲だね。
今までのIT BITESっぽくないけど、いい曲だ。
こういうのを聴くと、このバンドも大丈夫なんだな、と思う。


The Tall ShipsThe Tall Ships
(2008/10/06)
It Bites

商品詳細を見る

| Rock | 02:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Kate Voegele 「Don't Look Away」

さて、先日のエントリで書いたこのKate Voegeleですが、買ってきました。

先日のエントリで

しかし、ジャケットじゃショートカットなのに

って書いたけど、よく見ると、髪はアップにしてるだけなんだね。
でも下ろしてるよりは全然いいね。

で、曲ね。

MySpaceで予習済みなのだけど、まぁ、フツーのロックですね。
Amazonのカスタマーレビューでも、シェリル・クロウとかミシェル・ブランチって名前が挙がってたけど、そういうカンジ。
曲は基本的には本人が書いてるようで(一部共作あり)、アコースティック・ギターだけど弾いてもいるようです。

Cheyenne Kimballのように、ハツラツとした若さというか可愛らしさもないんだけど、だいたいがバンドサウンドを基調としたロックサウンドで、前に名前を挙げた二人のように、やや地味な音。

でもさ、カッコイイよ。
こういうミュージシャンがきちんと日本に紹介されないってのは、ちょっと寂しいなぁ。

ところで、「ディズニー・マニア6」というのに、「星に願いを(When You Wish Upon a Star)」で参加してるようで、一応日本デビューってことになるのかな??

しばらくヘヴィローテーションの予定です。


Don't Look AwayDon't Look Away
(2008/01/22)
Kate Voegele

商品詳細を見る

ディズニーマニア6ディズニーマニア6
(2008/06/25)
オムニバスケイト・フォーゲル

商品詳細を見る

| Rock | 22:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

9mm Parabellum Bullet「VAMPIRE」

カッコイイサウンドではある。

…だがしかし、なんだろう、この釈然としないカンジは。

うーん、と唸りながら聴いていると、やっぱりボーカルだと、思い至った。

サウンドやアレンジは、カッコイイと思うんだ。
結構ヘヴィなサウンドだし。
なんかちょっと急き立てられているような印象があるけど、ここまでくれば個性とも言えるかな。

でも

だがしかし

…なんでもいいか。

やっぱりボーカルがなぁ。
ネックというか。

基本的に男声の邦楽があまり好きじゃないっていう部分に帰結するのかもしれないけどさ。
絶対的に「男で歌が上手いロックバンド」って少ないよね?
じゃ、女は? と訊かれると困るけど。
「雰囲気」で許容できる範囲が男と女で違うのかもしれないね(僕は)。

しかし、リードギターの人、そんなに急がなくてもいいじゃんって言いたくなるな。
ドラムも大変そうだ。
長時間聴いてると耳が疲れるな。
サウンドのワリにメタル色が弱いのも、ボーカルのせい/おかげだな。

どっかのタイミングでボーカルの歌唱力なり歌い方が劇的に変化したら、個人的にはお気に入りバンドに入りそうだけど…
現時点ではそうではないな。


VAMPIREVAMPIRE
(2008/10/15)
9mm Parabellum Bullet

商品詳細を見る

| J-Pop | 01:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちょっと探し物ついでに…

先日、ヴァージンメガストアにて、CDを購入…

…したんだけど、その買ったCDの感想はまた今度。

今日はその時に試聴した、女性シンガーのCD…



…を探してたんだけど見つからなく。

そもそも名前を覚えていなくて、ジャケットが白黒だったような記憶だけで探してます。
Amazonの「この商品を買った人は」ってのから探してるんだけど見つからなくて。

で、そこで出てきたのを聴いてみて案外よかったのを。



PARTY ANGEL(DVD付)PARTY ANGEL(DVD付)
(2008/01/20)
クリスティー・フランク

商品詳細を見る


公式サイト
MySpace

全然知らなかったんだけど、このクリスティー・フランクって人。
洋楽女性POP/ROCK好きなら結構イケるかもね。
公式で聴ける「Don't Think About It」のイントロのギターリフ、一瞬「You Really Got Me」かと思った。
MySpaceよりも公式で聴ける曲のがロックしてるね。
思わぬ収穫でした。
買おうかな?

え? ビリー・シーンも参加してんの?



つづいては…
ブロークン・アンド・ビューティフルブロークン・アンド・ビューティフル
(2008/04/16)
ケイト・アレクサ

商品詳細を見る


ケイト・アレクサって人。
不思議なジャケが気になって、MySpaceを探した。
こちらは打って変わって、四つ打ちビートがダンサブルな曲でした。
…と思ったら、リミックスかよ("TEARDROPS")。

他の曲はどうかというと、フツーのポップロックでした。
でも、サビが気持ちいいですね。

MySpaceにはHMVで流れされたコメント+α が聴けるのがなんとも微笑ましい。



Don't Look AwayDon't Look Away
(2008/01/22)
Kate Voegele

商品詳細を見る


公式
MySpace
う…
Kate Voegeleってなんて読むんだろう?
ケイト・ボーゲル?
フォーゲル?
判らん。

こちらはMySpaceで最初に聴ける「Lift Me Up」はピアノの伴奏のみのシンプルなアレンジ。
これを聴いたあと、動画を見たら、ギターをガツガツ弾いてて、ちょっと意外。
案外パワフルなイメージがついてしまった。

「No Good」、かなりイイなぁ。

しかし、ジャケットじゃショートカットなのに、MySpace見たら長髪でちょっとガッカリ。短いほうがいいと思うんだけど。

どうやら、ドラマにも出てるようですねぇ。


あとはVicky Beechingとか。
こういう女性ロックも健在ってことですね。


結局探しものは見つからず…

youtubeにMySpaceに公式サイトの試聴サービスと、便利な世の中になったものだ。

| Pop | 00:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SLIPNOT「All Hope Is Gone」

最初に聴いたSLIPNOTのアルバムは「IOWA」だったと思う。
発売当時くらいかな、友達から借りたんだけど、なんつーか、当時の「ヘヴィさ」の基準がSTRAPPING YOUNG LADの2ndだったせいもあって、ヒジョーに物足りなかった記憶がある。
その後も、例えばSOILWORKあたりのメロディアスなデス・メタルの登場もあり、SLIPNOTには中途半端な印象を抱かざるを得なかった。

改めて聴いてみると、やっぱりフツーのメタルバンドだよなぁって、再確認しました。
ネガティブな意味ではなくてさ。

基本的にはデス声とクリーンな声、コーラスはデスっぽい声でうぉー!と叫んでて…

全体を通して聴くと、クリーンな声のパート(特にサビ)は結構好きな部類かもしれない。
しかし、デス声パートがやや退屈かな?
LINKIN PARKのラップパートのよりは退屈しないけど、好きではないなぁ。

確かに演奏も上手いってのはそうかもしれないが…
でも、なんだろう、この燃えなさってのは?
むしろこちらにのめりこませないように、ワザとクールにサウンドを作っているかのような印象すらあるんだが。拒絶するというよりは、常に一定の間隔をもって離れているというようなイメージかな?
もしかしたら、最初から僕が持っている先入観というか、思い込みの部分がそうさせているのかもしれないけど。

でも、どちらかというとHR/HM系の音楽が疎外されている昨今、やたらと持ち上げられいるのは何故なんだろう?
確かにカッコイイと思う曲もあるし、「おぉ!」と思うメロディもある…
でもさ、他にもいると思うんだ、こういうのって。

…きっと、単純に好きじゃないってだけの話なんだろうな。


オール・ホープ・イズ・ゴーン~スペシャル・エディション~(DVD付き)オール・ホープ・イズ・ゴーン~スペシャル・エディション~(DVD付き)
(2008/08/20)
スリップノット

商品詳細を見る

オール・ホープ・イズ・ゴーン(通常盤)オール・ホープ・イズ・ゴーン(通常盤)
(2008/08/20)
スリップノット

商品詳細を見る

| Hard Rock/Heavy Metal | 00:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SCANDAL「DOLL」

女子高生バンド…らしい。

えーっと、まぁ、みんな制服(っぽいもの)を着ていて、ヒジョーにあざといと感じたりするんだけど、目を惹くには十分か。

偶然目にして、Yahoo!でPVを観ました。
結構、演奏する様は堂に入ってるカンジで、あぁ、ちゃんと弾けるのね、と妙な安心をしてしまった。

Wikipediaによると、すでにインディーズというかタワレコ限定とやらでシングルを何枚か出しているようだけど、残念なのは自分たちで曲を作ってないこと。
別にいけなかないが、アイドルじゃないんだろ?って、思ったりする。

一応、全員歌えるようで、サビなんかわワリと好きな部類にはいるんだけど…

…なんだかなぁ。
あまりに「女子高生」ってのを前面に出しすぎで、ちょっと引くなぁ(「ひく」が3種類も)。


Yahoo!動画 - 音楽 - SCANDAL 「DOLL」 スペシャル
http://streaming.yahoo.co.jp/p/t/00100/v05565/



ちょっと思い出したので追記(2008/10/15 0:32)。
これだったら、THE PINK☆PANDAのがいいんじゃねーかと思った。
まぁ、THE PINK PANDAのがボーカルが微妙な気がしないでもないけど。
ベースマガジンで読んだのを思い出して、オフィシャルで試聴してみたら、チョッパーにぶっ飛んだ。
グラビアアイドルとかって舐めてたら痛い目を見たって話(しかし、ベースの古賀美智子のFチョッパーKOGAって名前のセンスもぶっ飛んでると思う)。


DOLL(初回生産限定盤)(DVD付)DOLL(初回生産限定盤)(DVD付)
(2008/10/22)
SCANDAL

商品詳細を見る

| J-Pop | 01:37 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リア・ディゾン「Communication!!!」

なんか書いたつもりだったけど、書いてないようなので…

リア・ディゾンの2ndアルバム。
んーっと、案外好き。
なんだろうね、声かな?

いきなりポップな「Step into my world」から始まり。
おーっと、なんだか日本語が1stよりも下手に聴こえるんだけど?
TVで観たけど、ちょっとダンスがイマイチだったな。動きが硬いような…?
アルバムからコレを推すのはどうかと思うな。

んー、つづく「Love paradpx」はシングルとしては「イマイチ」って評価だったんだけど、アルバムでもたいして印象が変わらなかったなぁ。

「LOVE SWEET CANDY」は打って変わって可愛らしい曲。
AメロからBメロにかけての地味な展開も、サビの可愛いメロディと歌詞で報われる。
って、シングル「Vanilla」のカップリングか。

そして最初のクライマックス「Without a good-bye」です。
1stにもなかったような、壮大なバラードです。
これはかなりイイ!

「Vanilla」はサビが気持ちいいね。
こういう曲を聴くと、もっとTVで歌う機会を作ればいいのになぁと思う。
踊りながら歌うのかな?
結構映えると思うんだけどさ。
シンガーとしての知名度はイマイチだよな。
まぁ、グラビア命の人は、あまりそういうのは期待してないんだろうけどさ。

「Nothin' to lose」でいきなりなんか黒いサウンド。
なんつーか、ワリと本格的なR&Bサウンドってカンジで驚いた。
作曲アレンジはHIROって日本人のようだけど、安室とかにも提供してるようだけど、これは相性がいいというのか、彼女の英語詞と歌もバッチリはまってる。

そしてバラード・パート2の「Lost at Sea」です。
こちらはドラムは打ち込みのようだけど、ギターとベースは生なようで、かなりロックテイストなバラードです。
こちらも好きだ。
彼女のちょっと悲しげな歌い方といい、出色のデキといってもいい。
この曲は彼女も作曲に関わってるようだね。

そしてタイトルトラック「Communication!!!」です。
ヘヴィなシンセのイントロに、ちょっとゆったり目のA~Bメロ。
サビでのややテンポの速い歌いっぷりがいいね。

「Not too bad」は、まぁ、フツーのJ-R&Bってカンジの曲でした。
ところどころ早口になるのが印象的。そこだけを聴きたくなる。
お、これさっきのHIROが作詞作曲してんだ。歌詞は彼女のがいいと思うな。

「BxKxRxxx」って、なんて読むの?
ちょっとロックっぽくつくった曲。妙なシンセがみょんみょんなってて、やたらと打ち込みくさいドラムがなってるし、ちょっと不安…と思ってたら、カウベルのカウントに続いてさびに突入したとたん、ギターが大暴れ!(とはいってもいきなりメタルになるワケではないので)
以降は今までにないくらいなロックサウンド。
ただ、彼女の日本語の歌はこういうのにはまだ合わないかなぁ。
むしろ英語でガツガツ歌ってくれた方が面白いかもしれないなぁ。

「Under the same sky」はゆったり目の、そうだな、1stにもはいってそうな曲。

「Thank you」もフツーのJ-R&Bってイメージ。

ざっと流して聴いてても、「うーん…」となるような曲はなかった。
むしろ要所要所で気に入った曲が流れるので、アルバム全体のイメージとしてはかなり良い。

今回もDVD付きを購入しました。
バージョン違いとはいえ「Under the same sky」がメイキングをあわせて3タイプってのはどうかと。
「Vanilla」「Love paradox」にメイキングや香港での映像と、まぁ、これはそんなに観ないね。あくまでもおまけですね(でも800円近く高くなるのはなぁ)。

歌を出すようになってから、好きになったのかもしれん。
動く姿のがいいってことかな?

結構いいアルバムだとは思うけどな。
近所のCDショップではすでに20%オフになっていた。
売れないのかな?


Communication!!!(初回限定盤)(DVD付)Communication!!!(初回限定盤)(DVD付)
(2008/08/20)
リア・ディゾン

商品詳細を見る

Communication!!!Communication!!!
(2008/08/20)
リア・ディゾン

商品詳細を見る

| J-Pop | 23:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月