FC2ブログ

2007年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年10月

≫ EDIT

ついに… セバスチャン・バックが帰ってくる!

CDJournal.com - ニュース - セバスチャン・バックの新作ソロが日本発売決定、アクセルも参加
http://www.cdjournal.com/main/news/news.php?nno=16568

ついでに2chの芸スポから

【音楽】セバスチャン・バック、新作ソロの国内発売が決定! アクセル・ローズがゲスト参加
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1190278012/

元SKID ROWのセバスチャン・バックのアルバムが日本でも発売するそうな。
プロデュースはTRIBE OF GYPSIESのRoy Z。

さらにはリンクのタイトルにもあるように、ガンズのアクセルも参加するとか。
本当に、自分のアルバムなんとかしろよってカンジだが。

例のライブ盤でのヘヴィなアレンジがワリと好きだったので、期待したいところだが、セバスチャンの声が心配。
最近の彼の活動を知らない身としては、ライブ盤でのしんどそうな印象が尾を引いているのだが…


エンジェル・ダウン エンジェル・ダウン
セバスチャン・バック (2007/11/21)
EMIミュージック・ジャパン
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

| Hard Rock/Heavy Metal | 09:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

UNDERWORLD「Crocodile」

UNDERWORLDの新作シングル。
えー、しっくりくるカテゴリがなかったから「Dance/Trance」って作ったけど、どうかな?

僕にとっては「Everything Everything」での「Crazy Crazy Crazy Crazy Crazy ...」だな。
前作は正直イマイチだったので、今作にはもう少し攻撃的なのを期待したいところだけど…(シングル「Two Months Off」は好き)

実際に聴いてみると、なんだか… ねむ… 眠く…



ZZzz...

ひたすら繰り返し刻まれるリズムに、どちらかというと引っ込み気味の上モノ、ボーカル。
歌メロは悪くないと思うんだけど、なんだか印象が薄いなぁ。
これは試聴環境が良くなかったか?(だから買えよ)

収録曲は編集版とリミックス版で、曲自体は全て同じ。
Peter Heller Remixはワリと歌が前に出てるね。こっちの方が好印象。

あとはいつものリミックスなので、好きな人は想像できそうだな。

今回のアルバムは見送るかな。


クロコダイル クロコダイル
アンダーワールド (2007/09/12)
インディペンデントレーベル
この商品の詳細を見る

| Dance/Trance | 14:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宇浦冴香「Juke Vox」

B'zの稲葉浩志が楽曲提供・プロデュースしている宇浦冴香のアルバム。
個人的には「Sha la la -アヤカシNIGHT- 」と「マイミライ」を聴いて、勝手に「女稲葉」と呼んでる。
チラチラっとPVを見る限り、ステージングはダラダラしてそうだね。

まぁ、それはおいといて。

B'zはTVやラジオで耳にする程度。付け加えるなら昔友達の車で嫌というほど聞かされたという思い出しかない。
松本のHR/HM趣味は嫌いじゃないけど、やっぱり稲葉の声が馴染めない。
で、彼女。
聴いた瞬間にそれと判る稲葉の存在。
B'z - 松本 で、s/稲葉/宇浦/gってカンジで。

先に挙げた「Sha la la -アヤカシNIGHT- 」と「マイミライ」、そして「友達以上、恋人未満」あたりは、もろに稲葉ってカンジだね(非ファンが聴いて思う稲葉もしくはB'z像ね)。
改めて聴くと「休憩時間10分」も、それっぽい(名古屋じゃ放課って言うんだゼ)。
最近、周囲にB'zファンを公言する人間がいないので判らないんだけど、実際B'zファン的にはどうなのでしょうかね?
僕は聴いていて、きっと稲葉のソロをマイルドにするとこんなんだろうなぁと想像してしまうんだけど。

作曲者が稲葉だから、歌いまわしとか似てくるのは仕方ないのだけど、このあとの展開ってどうなるんだろう?
民生におけるパフィーのように上手く独立していくのか、つんく♂におけるハロプロ系のように一部のファンだけのものになっていくのか…
GIZA studioなのでね、もしかしたら「案外自分の周りでファンを見た事ないんだけど、なんだか売れてる」みたいなことになるのだろうか?
(「コナン」主題歌チームの仲間入り?)

聴いてて田村直美を思い出した。


Juke Vox(初回限定盤)(DVD付) Juke Vox(初回限定盤)(DVD付)
宇浦冴香 (2007/09/19)
GIZA(J)(M)
この商品の詳細を見る


Juke Vox Juke Vox
宇浦冴香 (2007/09/19)
GIZA(J)(M)
この商品の詳細を見る

≫ Read More

| J-Pop | 15:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

後藤真希「How to use SEXY」

最近、J-POP…というよりアイドルづいてるワタクシですが、本日は後藤真希です。
ここでハロプロ系を紹介するのは(前身のサイトを含めても)2枚目かな?

ASAYAN観てました。
しかも、毎週。
モーニング娘。のCDは4枚目までレンタルしました。でもまともに聴いたのは2ndと3rdだけです。

でもって後藤真希。
ソロ転向後、正直パッとせず。
曲もたいして面白いとは思っていませんでした。
でも「うわさのSEXY GUY」だけは、ちょっといいなと思いました。

昨年、セクシー路線へと転換を図って(PVが)話題になった「ガラスのパンプス」もワリといいと思った(曲が? アレンジが?)。
アレンジの平田祥一郎はリア・ディゾンもやってんだね。SMAPの「Dear WOMAN」の作曲者ですか。まぁ、いい仕事しますね(「Dear WOMAN」は歌詞がいけてない)。

正直、この曲とアルバムに関連して出てきたジャケ写とかを見て、なんだか期待してしまった。初回盤のジャケ写、結構好きです。

で、アルバムを通して聴いてみた印象、

結構いいね。

最近のモーニング娘。の曲は知らないし、他のユニットも全然知らないんだけど、少なくともこのアルバムでのつんく♂は悪くない。
アイドルにありがちな、曲のサウンド(ジャンル?)がバラバラで、アルバムとしての統一感がない、みたいなことはなくて(AKIRAのアレンジした「WOW 素敵!」は浮いてると思うけど)、ほとんどの曲を田中直がアレンジしているせいか、アルバムとしてのまとまりが感じられる。
そして「ガラスのパンプス」がいいアクセントになっている。

後半の3曲くらいが同じような雰囲気でちょっとダレるけど、前半~中盤にかけての流れは好き。

やっぱり、そろそろつんく♂から離れて、別のライターなりプロデューサを見つけるべきだと思う。彼の名前がそれ自体で付加価値になる時代はとうに終わってるのだから。

期待といっても、それほど大きかったワケでもないので、このデキには満足してます。

…ただ、他人には後藤真希聴いてますとは言えない(blogには書けてもね)。


How to use SEXY(初回生産限定盤)(DVD付) How to use SEXY(初回生産限定盤)(DVD付)
後藤真希 (2007/09/19)
アップフロントワークス(ピッコロタウン)
この商品の詳細を見る


How to use SEXY How to use SEXY
後藤真希 (2007/09/19)
アップフロントワークス(ピッコロタウン)
この商品の詳細を見る


…これって4枚目のアルバムなの?

| その他のアイドル | 00:20 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

リア・ディゾン「Destiny Line」

とりあえず、試聴してきた感想を(こういうのは鮮度が命と思いつつ…)。

シングル3枚聴いてきて想像してたアルバムからは、そんなに外れてない。

「Softly」は、やっぱり好き。
単にエレピが好きなのかもしれんな。
よくよく考えると、これを最初のシングルにもってくるってのも、案外冒険だったような気もする。

「恋をしよう」は、こうしてアルバムとして通して聴くと、ちょっと浮いてるね。


思ってたよりも英語の割合が多いね。
意地でも日本語で埋めてくるかと思ってたけど、そこは外れた。
やっぱりこういう音には英語の方がハマり易いかね?

あとは結構踊れそうな曲が散りばめられてるってことかな。
TVじゃ、見せパンをパンチラしつつ踊るってカンジだろうか。

ある意味目玉の「Again and Again」が最後。弟との共作だそうで。
「アーティスト」志向な一面が顔を覗かせてますな。
悪くないです。

ややもすると地味な印象を抱きそうだけど、これはこれで十分いいアルバムだと思います。
でも他人に薦めるときは、相手の嗜好をよく考えてからね。

ところで、もうグラビアからは撤退ですか?


…で、なんで試聴で終わってんだって?
お金がないからです。

給料日まであと1週間…


Destiny Line [DVD付初回盤] Destiny Line [DVD付初回盤]
リア・ディゾン (2007/09/12)
Viictor Entertainment,Inc.(V)(M)
この商品の詳細を見る


Destiny Line [通常盤] Destiny Line [通常盤]
リア・ディゾン (2007/09/12)
Viictor Entertainment,Inc.(V)(M)
この商品の詳細を見る

| J-Pop | 02:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ダウンロードの違法化

先日の「DRMか 補償金か」という記事の関連。

P2Pとかその辺のお話 違法コピーのダウンロード違法化の流れに「クソッタレ」と言ってみる
http://peer2peer.blog79.fc2.com/blog-entry-706.html

時事ニュースを読み解く “津田大介に聞け!!”
違法コンテンツのダウンロードが“罪”になる
http://ascii.jp/elem/000/000/065/65719/

本来であればきちんと自分の意見を述べるのがいいのだろうけど、正直、どうあるのがいいのか僕には良く判らない。

確かに、業界の論理でむやみに規制を強化していくことがユーザにとっても、果ては業界、そして権利者(ミュージシャンや製作者)に悪い影響を与えることは十分に考えられる。
メディアとしてデジタルであることに不信感(というか不安)を持っている僕としては、音楽をiTMSなんかを利用することは無い。なんせ未だにデジカメはおもちゃかPHSのオマケしかないし。
発表される楽曲がコレまでどおりCDなどで購入できるのなら、正直他人事でしかないが…(彼らが最初共産主義者を攻撃したとき - Wikipedia
しかしこれが拡大化されていけば、津田氏言うように(http://ascii.jp/elem/000/000/065/65719/index-3.html
音楽や動画と違い、テキスト、絵画、マンガなどは容易に印刷が可能なため、ユーザーは意識しないままカジュアルに違法行為を行なうでしょう。つまり、この法改正が進むことで、インターネットに接続する人の多くが“潜在的犯罪者”になってしまう
ことだってありうる。
さらには
テキストの違法コンテンツのダウンロードに制限をかけるのは、端的に言って“表現・言論の自由”に抵触する可能性も出てきます。ダウンロード違法化は、日本国憲法にも関わる非常に微妙な問題
でもある(引用元は同上)。

いやぁ、これはもうこのまま規制強化してもらって、一度業界もろとも壊れてしまった方が健全化するのかもね。
でも、子どもが大きくなったときに、自由に音楽が聴けない環境ってのは可哀想だな。

| ニュース | 10:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仮面ライダー電王「Perfect Action」「Action Zero」

「仮面ライダー電王」のエンディングテーマ(劇中歌)。

野上良太郎(佐藤健)と4人のイマジン(4人の声優)が歌う「Double Action」の4バージョンを納めた「Perfect Action」と、桜井侑斗(中村優一)とデネブが歌う「Action Zero」です。

前者「Double Action」は基本的なメロディは同じで、
「ユーロトランス」「スカ」「和楽器ロック」「HIP HOP」(Amazonより)
アレンジされてます。

えー、あれがユーロトランス?
とか、
ホーンが入ってりゃスカかよ?
ってのはおいといて…

全体を通して聴くと、「スカ」つまりRod form(ウラタロス)がアレンジ的には好きかな?
ただ、全体的に音がショボい。
HIP HOP版のGun form(リュウタロス)は、直前の和楽器ロック版Ax form(キンタロス)とテンポが似てるので、サビにくるとHIP HOPじゃねーって思えてしまう。

台詞ありの方は、イマジン一人で喋ってるので、まぁ、面白みはない。

一方の「Action Zero」
こちらは素直なロックアレンジ。
決め台詞「最初に言っておく、俺はかーなーり強い」が歌詞に取り入れられていることもあって(言っておく「かなり強いぜ」)、結構耳に残る。
また台詞ありの方では、桜井とデネブの掛け合いになっており、「Double Action」とは違って楽しい。

今月下旬には良太郎が一人で歌った「Real Action」が出るようなので、そちらはどうなるか…

物語も後半に入って盛り上がって参りました。
「カブト」を超えられるかな?


Perfect-Action~Double-Action Complete Collection~ Perfect-Action~Double-Action Complete Collection~
TVサントラ (2007/08/01)
AVEX GROUP HOLDINGS.(ADI)(M)
この商品の詳細を見る


Action-ZERO Action-ZERO
大塚芳忠 中村優一、中村優一 他 (2007/09/05)
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
この商品の詳細を見る


Real-Action Real-Action
佐藤健 (2007/09/26)
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
この商品の詳細を見る

| 特撮 | 09:29 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

DRMか 補償金か

補償金はDRM強化よりまし?――私的録音録画小委員会で議論
- ITmedia News
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0709/05/news073.html

スラッシュドット ジャパン
補償金制度とDRM強化ならどちらをとる?
http://slashdot.jp/articles/07/09/06/0336207.shtml

音楽配信メモ
「ダウンロード違法化/iPodの補償金対象化」がほぼ決定した件と、
ITmediaの記事で抜粋されている発言についての補足
http://xtc.bz/index.php?ID=472


一応、利用者/リスナーとしてはやっぱり無視しては置けない内容だと思います。
しめつけが厳しくなれば、利用者は減るだろうし、お友達内閣じゃないけど、一般利用者との乖離が激しければそれだけ自分たちの首を絞めるだけなのにねぇ。
違法利用がいいとは思わないけど、利用者放置の議論もどうかね?

楽曲に課金するとかって話もあるし、選択肢は他にもありそうだけどねぇ。

パブリックコメント募集もありそうだから、きちんと意見は言っておいた方がいいよね。


追記。

他にも関連する(しそうな)ところを。

P2Pとかその辺のお話 私的録音録画補償金とDRMと音楽産業と
http://peer2peer.blog79.fc2.com/blog-entry-704.html

いっそのこと、DRMと一緒に心中してくれ、というようなことも…

| ニュース | 09:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宇多田ヒカル「Beautiful World / Kiss & Cry」

さて、宇多田ヒカルです。
「ヱヴァ」の主題歌です。

評判いいみていですねぇ、映画。

ただ気になっているのは、youtubeで見た予告編。
「Beautiful World」を使ってるヤツ(本物だよな?)。
曲の持ってるリズムと映像のリズムが合ってないように思えてならない。単純に音がズレてるというカンジじゃない。ビート感がそもそも違うように見える。
まるで今夏のauのCMのよう。ヴァン・ヘイレン「JUMP」とサーマーヴァケイションってカンジの映像がチグハグに感じるのと同じように。

肝心の曲は、「Brautiful World」は映像がないと寂しいね。

2曲目はCMソングとして耳馴染みの曲だけど、それ以上でもない。
ちょっとパワー不足だろうか?

最後、「Fly Me To The Moon」ときたもんだ。
「ヱヴァ」に引っ掛けてんだね。「エヴァ」のエンディング(別の人が歌ってたけど)だったし、宇多田自身も過去にに発表してるし。

とりあえずアルバムを楽しみに待つとしよう。

TV東京系の「Japan Countdown」の今年1月~8月の総合チャートで前作「Flavor of life」が1位だった。なんだかんだと言っても凄いね。

(ちょっと追記)
2chとか見てて思ったんだけど、この映画を見て「TVと同じじゃねーかよ」って人がワリといるんだね。
こういう人って「ロード・オブ・ザ・リング(映画1作目)」を見て最後に「え? 続きモノだったの??」って言うカンジの人かな?


Beautiful World / Kiss & CryBeautiful World / Kiss & Cry
宇多田ヒカル (2007/08/29)
EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
この商品の詳細を見る

≫ Read More

| J-Pop | 02:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年10月