FC2ブログ

2007年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年06月

≫ EDIT

テゴマス「キッス~帰り道のラブソング~」

久しぶりに「Mステ」ネタで。

本当に久しぶりに「ミュージック・ステーション」を観た。

でもってウワサのテゴマス。
…別に周りじゃウワサになってないけど。

確かに、ジャニーズ的には一二を争う歌の上手さだと思う。
しかし、通して聴いてると、基本的には手越くんメインなんだね。で、要所要所で登場する増田くんが…

嫁が横で「手越くんのソロでもよかったんじゃない?」とかジャニヲタを敵に回すような発言を。
「まぁ、ソロじゃなかなか売れないでしょ」と意味のない受け答えをする僕も僕だけど。

"キッス"というタイトルやサブタイトルがついているところなんかはちょっと「お寒い」カンジがするけれど、アニメの主題歌なら仕方ないか。

カワイイ系で売りたいってのは解るが、あの笑顔は30過ぎのオッサンには正直キツイっす。


キッス~帰り道のラブソング~ (初回限定盤)(DVD付) キッス~帰り道のラブソング~ (初回限定盤)(DVD付)
テゴマス (2007/05/16)
ジャニーズ・エンタテイメント
この商品の詳細を見る


キッス~帰り道のラブソング~ (通常盤) キッス~帰り道のラブソング~ (通常盤)
テゴマス (2007/05/16)
ジャニーズ・エンタテイメント
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

| その他のアイドル | 22:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

HAREM SCAREM「Mood Swings」

実はFAIR WARNINGの1stでエントリを書こうと思ってたらCDが見つからなくて…で、代わりに出てきたHAREM SCAREMで書くことにした。

いやー、死ぬほど聴き込んでる上に、さすがに名作の誉れ高いアルバムだけはあるね。1曲目「Saviors Never Cry」のイントロ、バンドがどーんと入ってくるところから「きたきたきた」って。
初めて聴いた彼らの楽曲は2曲目「No Justice」なんだけど、記憶を辿ってみるといかにもHRバンドなちょっともっさいカンジのビデオだったと思うんだけど、アタマの「Justice In The World」ってハモりが強烈なインパクトで… 即購入を決めました。

ハードな2曲に続いてハスキーはボーカルが魅力的な「Stranger Than Love」が来たかと思えば、ダークな雰囲気で始まり疾走感満点の「Change Comes Around」となかなか飽きさせない展開。
以降「Jealousy」「Sentimental Blvd.」とちょっとPOPな曲で小休止。インストの「Mandy」はギタリストの自己主張?

そして「Empty Promises」で後半戦再開。これまたやたらとハードな曲展開。彼らのコーラスも気持ちのいいくらいにカッコイイ。
メロウなのかPOPなのかなんだかよく判らないけど、個人的に好きな曲「If There Was A Time」でも僕の喉は休まらないワケだけど。

HRバンドでは珍しいアカペラの「Just Like I Planned」は、彼らの歌うことへの自信の表れかな?

最後を締めくくる「Had Enough」ではいきなりイントロでギターの見せ場。ドゥルドゥルドゥル…と弾きまくるギターから幕を開ける。「あぁ、これでおしまいかぁ」なんて気分に浸ってしまう。
Bメロで急に倍のテンポになったりするのも、サビへの期待感を押し上げてくれるね。
ギターもソロでは早弾きを披露するなど、バンドの魅力を全て詰め込みましたってなのがイイ。
最後もあっさりしめくくっておしまい。

評判はダテじゃないってことを、聴いて確認していただきたい。
HR/HM好きならば、持ってても損はないと思うけど。

彼らのライブは未体験だし、ビデオやDVDでも観たことがないのだけど、やっぱりこのコーラスは再現されているのだろうか?

個人的な思い出としては、4曲目の「Change Comes Around」をメタルバンドやってたときにコピーしたってことかな?
女の子がボーカルだったこともあって、半音下げの曲をノーマルチューニングでやってたんだけど、コーラスがキツかった。

でもってなんでAmazonにジャケ画がないんだ?

ムード・スウィングス ムード・スウィングス
ハーレム・スキャーレム (1997/05/25)
ワーナーミュージック・ジャパン
この商品の詳細を見る

| Hard Rock/Heavy Metal | 02:28 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DEF LEPPARD「EUPHORIA」

出張続きでペースが狂い、今度はネット環境のない仕事のおかげで休憩中にも更新できず。
帰宅をすれば子どもの世話で、なんとなくネットから離れつつあるように感じるのだけど…

さて、個人的には何度目かの温故知新シリーズな雰囲気の昨今です。
単純に実家から「そろそろ放置状態のCDと本をなんとかしろ」といわれていて…

でもって今回はDEF LEPPARDのアルバム。
それなりにヒットした「ADRENALIZE」に続いての「SLANG」がパッとせず…
で原点回帰的なサウンドのアルバム。
2曲目の「Promise」はワリとヒットした記憶がある。某FM局でガンガンかかってたと思うし。

このバンドってあまりテンポの速い曲ってやんなんないみたいなんだけど、今作ではいきなり速い曲で幕を開ける。以前に彼らがカバーした「Action」を彷彿とさせるアップテンポな曲。
「意外!」と思ったけど、サビでは「いつもの」あのコーラスが登場。
まさにこの分厚いコーラスがデフレパ印。

「SLANG」も当時はワリと聴き込んだんだけど、このアルバムにその色は感じられなかったな。
改めて聴いてみても、その印象は変わらない。

今回改めて聴いてみて「Paper Sun」という曲が非常に印象に残った。
「Adrenarize」に収録されていた「White Lightning」という曲の発展版のような印象を受けた。

ビデオ連発だった「Adrenarize」に比べてそのプロモーションは格段に落ちる。そのハンデを入れても「Adrenarize」よりも曲のバラエティさはコチラの方が上かな?
でも後半がやや退屈なので、その点で言えば後半もテンションが落ちない「Adrenarize」のが上かな?

足して2で割るか。

その後「X」というアルバムを出したのだけれど、これは現在にいたるまでいまだ未聴。
まぁ、良くも悪くも一緒なんだよね、結局は。


ユーフォリア ユーフォリア
デフ・レパード (2003/11/21)
ユニバーサルインターナショナル
この商品の詳細を見る

| Hard Rock/Heavy Metal | 02:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

米国調査:下落するCDセールス、お気に入りのアーティストはCDで、なじみのないアーティストはダウンロードで

最近読み始めたblogP2Pとかその辺のお話に、こんなエントリがあった。

米国調査:下落するCDセールス、お気に入りのアーティストはCDで、なじみのないアーティストはダウンロードで

アメリカのある団体の調査結果をもとにした記事を紹介している。

「12歳以上の米国音楽ダウンローダーにとって、物質的なCDは、お気に入りのアーティストのニューリリースに際して、それを獲得するための第1の手段のままである。米国ダウンローダの62%が、彼らのお気に入りのアーティストのニューリリースの際に、その物質的なCDを購入している。対して、28%が1つもしくはそれ以上の楽曲を有料でダウンロードしている。」



ダウンロード購入という選択肢が、CDに費やす金額を減少させているのではないかという考察も、まぁ、至極当然か。

でもって、やっぱりこういう話に落ち着くんだなぁ、と。

少なくとも、5年経って聴かれなくなることが最初からわかっているような楽曲は、CDじゃ売れなくなるだろう。それが音楽配信の抱える爆弾であり、新たな変化のはじまりでもあるのかもね。



90年代~00年代の音楽が果たしてどれくらい生き残るのか…
すくなくともBook Offとかで50円で売ってる時点で、やっぱりその程度の価値だったのかも、と思いたくなるよね。
ン百万枚売れたって、今となっては投売りワゴンセールじゃ、作り手だって哀しいはず(作り手=ミュージシャンね)。

なんにせよ、あの時代がバブルだって認識が出てきてるようなので、健全な方向に向かいつつあるのだと、思いたい。

ってことで、このblog初のトラバです。


元記事
Slyck News - CD Sales Continue Slide

| ニュース | 01:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年06月