2006年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年06月

≫ EDIT

Frank Zappa「You Can't Do That On Stage Anymore Vol.2」

ライブアルバムシリーズの第2段。
ライブをベースにスタジオアルバムを作ったり、このシリーズ後半では年代の違うライブを繋いで1曲にしてみたり、と編集の鬼だった彼にしては珍しく、一つのライブをまるごとパッケージしている。

録音されたのは、1974年9月22日(僕が生まれた年だね)。場所はフィンランドはヘルシンキ…だそうな。
ま、付属のブックレットに書いてあるけど一応、メンバーなんかも。
ナポレオン・マフィー・ブロック(Sax/Vocal/そして肺炎!)、ジョージ・デューク(Key/Vocal)、ルース・アンダーウッド(Percussion)、トム・ファウラー(Bass)、チェスター・トンプソン(Drums)、そしてザッパ(Guitar/Vocal)。
同時期のライブを収めた「Roxy And Elsewhere」とメンツはほぼ同じ。

1曲目、やたらとムーディーな曲「Tush, Tush, Tush」から始まったときはちょっと不安になった。
最近僕の嗜好がインストに向いてるってのもあるけど、こういう歌ものって、なんか緊張感がなくて好きになれない。

その後、まったりとした「Stinkfoot」を乗り越えると「Inca Roads」が始まる。これが収録されるのが翌年発売される「One Size Fits All」だから、この当時は未発表曲ってことになるのかな?(このライブCDの初出は1988年)
「Inca Roads」に続いて「RDNZL」ときて、ここからいよいよライブの空気が濃密になってくる。
どんどん楽器の割合が増加していき、9曲目の「Room Service」あたりで最高潮に! この曲、前日にルースがホテルで襲われそうになったという事件を元にしているらしいが、そんな内容とは無関係に演奏が熱い! 途中ザッパとナポレオンとの漫才があったりして、英語わかる人なら楽しめる。
disc2に移るとしょっぱなの「Approximate」で出鼻を挫かれます。だってこれ、映像がないと全然わかんないから。
「Ladies and gentlemen!」と掛け声で始まる「Dupree's Paradise」は現代音楽風味(全体で24分!)。こういう一面もあるよってなカンジだけど、後半ちょっとキツい。

今作の目玉が最後の方で演奏される「Montana」だろう。冒頭、観客に「Whippin' Postを演奏してくれ」といわれるが「知らないから他のにしてくれ」と。挙句「それってジョン・ケージの曲か?」だって。さらに「Montana」自体を2回もやり直す始末(演出か?)。歌詞の中に「Whippin' Post」を連発してるところがなんともいじましい。
この10年後、アルバム「Them Or Us」にて「Whippin' Post」をカバー。見事リベンジを果たしましたとさ(中盤のレゲエリズムはNGだけど、それ以外はカッコイイよ)。
楽しい歌モノから超絶インスト、はては現代音楽風味まで、とザッパの音楽性を一番カバーしているライブアルバムかも。

最後の「Big Swifty」は「Vol.1」バージョンのがいいなぁ。


You Can't Do That On Stage Anymore - Vol. 2 You Can't Do That On Stage Anymore - Vol. 2
Frank Zappa (1995/05/16)
Rykodisc
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

| Frank Zappa | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

嶋野百恵「abstract career Momoe Shimano Ultimate Best&Mo’」

嶋野百恵のベストアルバム。
個人的には4枚目のアルバム以降音沙汰なしってカンジだったんだけど、どうやら公式サイトもいつのまにか復活してるし、順調に活動してるらしい。

ベストってことで、一部を除いて「懐かしい」という曲ばかり。
一時期聴きまくったなぁ、と思い出にふける… 場合ではなくて。

このなんだかセクシーな歌いまわしとか、なんとも。
一時のR&Bブームの終焉(?)に埋もれた感のある彼女だけど、知り合い(以前一緒にバンドやってたボーカル)が彼女のライブを見たというのを聞いて、本気で羨ましいと思った。
なんだろねぇ。一度ライブを見てみたい人である。

1曲目は新曲「Black Eye」。どうりで知らない曲だわ。でも、「お変わりなく、なによりです」と言いたくなる曲。やっぱり好きな声だと思います。
2曲目の「baby, baby, Service」のイントロの声ってってクリス・グレンだよな、確か。
いやー、ちょっとこれも懐かしい。しかし、いつの間にZip-FMからRADIOiに移ったんだ?

この人も勿論R&Bというカテゴリーで語られる人なんだけど、イマドキな子に聴いてもらいたいね。そこいらのただ歌が上手い(っぽい)人とは雰囲気が違う…ってのは、ファンだからでしょうか。


abstract career Momoe Shimano Ultimate Best&Mo’ abstract career Momoe Shimano Ultimate Best&Mo’
嶋野百恵 (2006/01/18)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る

| R&B/Blues | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

mihimaru GT「気分上々↑↑」

mihimaru GTといえば、2ndシングル「帰ろう歌」がそこそこ話題になったきり、これといって話題を聞かなかったが… 結婚式場のCMソングもあったね。
ところがココ最近、この曲がこれでもかとかかりまくってる。
土曜日に某車用品屋にいったのだが、そこでもDVDでPVが流れまくってた。さすがに耳に残る…ので、そろそろ迷惑の域に達してきた。

サビ始まりで、非常に印象的。
いかにもなラップ。正直これは芸がないというかなんというか。

で、女Voの登場。…と思ってる間にサビ。で、またラップ→歌→サビという流れ。
TVじゃ全然判らなかったけど、ラップが所謂「Aメロ」部分なんだ。TVで見たときは最初しかラップがなかったから、ラップ→歌→サビ→歌→サビみたいな流れで「この曲サビばっかりね」って思ってたから、ちょっと印象が変わった。
でも結局はサビ以外は大して残らなかったりして。

最近、TV見てて思うんだけど、曲がどんどんサビメインになってきてて、ちょっと… こういう傾向って以前からって気もするんだけど、特にラップが前面に出るようになったせいか、サビ以外が今まで以上に印象が薄くなってきているように思える。
この間伊藤由奈の曲を聞いて、Aメロ→サビであとはひたすらサビだったんで、驚いたけど、実際はどうなんだろ。TV用アレンジだと思うんだけど(かといって確認する気もない)。
で、この曲なんだけど、なんか1位(なんの?)は取れないまでも、長いことチャート(なんの?)に残ってそう。
Vocalのhirokoはそこそこカワイイと思います。ただ公式のプロフィールの好きな音楽「ヒップホップ、ポップ、クラシック、レゲエ、ジャズ、ロック、ミクスチャー、演歌」って、それ以外のジャンルって? メタルにプログレはお嫌いですか?

気分上々↑↑ 気分上々↑↑
mihimaru GT (2006/05/03)
ユニバーサルJ
この商品の詳細を見る

| J-Pop | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

NIRGILIS「sakura」

スタジオ帰りの車の中で偶然聴いたこの曲。
実はカーステが壊れてCDが機能しないから、ラジオなんだけど…
アニメの主題歌らしいが…
荘厳なオープニング。「Amazing Grace」だ。
…と思ったら、いきなりPOPな曲調にちょっと甘いカンジの女性ボーカル。
アニメ「交響詩篇エウレカセブン」は見たことないんだけど、この爽やかさはアニメに似合いそう。
サビにさしかかると伸びやかなボーカルの後ろで「Amazing Grace」が響く。
まぁ、昨今無意味にあふれる「桜」ソングの中でも、マシな方かな? どう聴いても「桜」がモチーフになっている必然性がさっぱりわからないけど。
元ネタである「Amazing Grace」自体にインパクトがありすぎるので、いささか邪魔に感じられるけれど、「Amazing Grace」なしのバージョン(2曲目)だとちょっと物足りないかも…というか普通の曲になってるね。
個人的にはもう少し低音が欲しいかも。ベースは控え目にルート8分弾き中心なので、打ち込み関係で多少重いカンジのものを入れて欲しかった。
3曲目は多少毛色の違う曲。これまでの曲とは異なってラップ中心の歌モノ。
案外売れたりするのかな?

(追記)2006/10/19 11:13
その後はぱっとしないね。
しかし、昨今の「Amazing Grace」の溢れっぷりといったら…


sakura sakura
NIRGILIS (2006/03/01)
DefSTAR RECORDS
この商品の詳細を見る

| J-Pop | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2006年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年06月