FC2ブログ

2005年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年01月

≫ EDIT

山本サヤカ「線香花火」

年の瀬も押し迫った師走も、もう29日。早いもので、あと2週間で父親になる…予定。
そんなこんなの2005年も終わろうとしているってことで、今回はコレ。
先日自身のblogにてavexを辞めたと公表した松室麻衣が脱退したdreamに、新メンバー(の一人)として加入した山本紗也加。当初は新メンバー中、唯一といっていい歌担当の彼女。歌には定評があったようで、(オリジナル含めた)全メンバー中、初めてマトモにソロデビューを飾った。
1作目「惜春」はちょっと中途半端なデキたったけど、この「線香花火」は気合を入れ直したのか、かなりいい作品に仕上がっている。
今年(2005年)の夏の発売ということで、時期的にはかなり外してるんだけど、そこはねぇ。
プロデュースは前作と同じく長尾大(元Do As Infinityって古いか?)。
前作では希薄だったアルバムとしての統一感を、"夏の思い出"や"学校"のようなイメージを使い、和モノ楽器(サンプリング?)を前面に出すことでサウンド的にもまとまりを見せている。
さすがに「技量は一流」と語るだけに、長尾大も気合いが入ってるのかな?
先にも書いたけどdreamとは違い、打ち込み臭さを極力廃していることで、彼女のソロそしての色がはっきりしている。
デスメタルやZappaの間に挟まれてると、なんだか癒されるねぇ…
正直、歌詞の描く世界観やメロディは陳腐に感じる部分もあるかもしれない。

彼女の「技量」なのか、楽曲の力なのかは判らないけど、2005年においてかなりヘヴィローテーションな(ミニ)アルバムでした(単純にプレイヤー入れっぱなしなだけだけど)。
コンセプトは「昭和」だそうな(公式サイトのメッセージ参照)。


線香花火 線香花火
山本サヤカ (2005/09/14)
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

| その他のアイドル | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BEATALLICA

会社の休憩中、blogめぐりをしてたら出会ったバンド。
名前の通り「METALLICA + BEATLES」なバンドの音源。実際にアルバムを発売してるかどうかは判らないんだけど(英語が苦手)、サイトからダウンロードできる。
アルバムタイトルも…"A Garage Dayz Nite"に"Beatallica"。曲名も"...And Justice For All My Loving"、"Hey Dude"、"Blackened The USSR"、"Sandman"、"We Can Hit The Lightz"と笑えるものばかり。
僕はMETALLICAのアルバムはまともに聴いたのは「METALLICA(ブラックアルバム)」と最新のだけだし、他の曲もつまみ食いかツレのバンドのコピー版のみなので、ある意味面白味は半分くらい。
でも、ボーカルは微妙にJames Hetfieldに似てるし、サウンドは軽いもののMETALLICAっぽいので、知らないで聴いたら案外「METALLICAがビートルズのカバー?」なんて思ったり… しないか。
歌詞も結構HR/HM系のネタがちりばめられてるようで、心に余裕のあるメタルファンには楽しめるんじゃないかな?
案外有名っぽいから、今更かもしれないけど、ヒマつぶしにいかが?
http://www.beatallica.com/

beatallica01.jpgA Garage Dayz Nite (2001)


beatallica02.jpgBeatallica (2004)



(追記) - 2008/06/03
久しぶりにタワレコ行ったら、BeatallicaのCDが売ってました。
いやはや、有名になったもんだ。
でもってサイトに行ったら案の定、音源はダウンロードできませんでした(なぜかタブ譜が公開されてたけど)。
このときに落とした音源はどこにいっただろう……

しかし、ジャケットの洗練され具合といったら…(でもダサイ)
Sgt. Hetfield's Motorbreath Pub BandSgt. Hetfield's Motorbreath Pub Band
(2007/07/10)
BEATALLICA

商品詳細を見る

ALL YOU NEED IS BLOODALL YOU NEED IS BLOOD
(2008/05/20)
BEATALLICA

商品詳細を見る

| Rock | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宇多田ヒカル「PASSION」

前作「Be My Last」から短いスパンで発表された新作。この間隔はいつになく短いんじゃないの?
今回もDVD付で、映像にも力を入れている…ようだけど…
どちらかというと、失敗かなぁ?
アニメのパート
宇多田ヒカル「PASSION」PV アニメパート

と彼女自身が登場する実写(+CG)パート
宇多田ヒカル「PASSION」PV 実写+CGパート

がどうも乖離してるように思えるんだけどなぁ。ちょっとアニメを入れる必然性が(少なくともPVを観るだけで)は無いんじゃないかと。
曲の方はというと、ここんところシンプルなバラードっぽい曲が続いたので、聴いた瞬間「お!」と期待しちゃいました。
こういう作りこまれた曲って"SAKURAドロップス"以来じゃないかと思う。
Amazonのレビューだと散々な書かれ方だったけど、僕は悪くないと思う。
PVで映像込みの鑑賞だったから、かえって変な印象がついかのかも。ラジオなんかで耳にしたら、案外素直にいい歌だと感じたりするのかもしれない。
へヴィーローテーションになるかどうかは「ビミョー」だけど、好きな部類に入る曲だね。


Passion(DVD付) Passion(DVD付)
宇多田ヒカル (2005/12/14)
東芝EMI
この商品の詳細を見る

| J-Pop | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

dream「Transit -independence-」 from Mini Album「Boy Meets Girl」

気が付けば12月。早いもので、もう2005年が終わろうとしている。
今回は久しぶりにdream。毎度毎度のご紹介です。今月21日に「Boy meets Girl」なるミニ・アルバムが発売になります。
前作「ナツイロ」に続いてのミニ・アルバム。シングルではなく、またアルバムでもないという、なんか中途半端な販売形態ですなぁ。ちょっと物足りないかも。

公式サイトで全曲(ほんの少し)試聴が出来るんだけど、前作「ナツイロ」で感じたサウンドの生っぽさがなんとなく感じられなくて、ちょっとガッカリ。新メンバーでの初アルバム「ID」の頃に近いかな?

そこで今回は某所でPVを見た"Transit -independence-"を取り上げようかと(長い前置きだ)。

遊園地(?)が舞台で、たそがれる長谷部優。やっぱりビジュアル担当なんだなぁ…と思ってたら

む!? 乾巧! じゃなくて、半田健人だ。「仮面ライダー555」ファンとしては…

と思ってたら、今回は一応他のメンバーも登場。

同じ遊園地を舞台に、メンバーそれぞれが異なった形の恋愛を演じている。

曲自体、特筆すべき点はないんだけど、単純にファンっていう理由以外にも、こういう大勢でサビを歌って盛り上げるっていうのが好きなので、個人的には一層「別離」というテーマが胸に染みます。
ラストに登場する、これまたありがちな歌メロをなぞるギターソロも、ベタだけどいいね。

微妙に売れ線から外れてると思うけど、軽く試聴した限りじゃ、これが一番いいデキだった。会社がもっと宣伝してくれないとなぁ。

長谷部優はグラビアに女優業(あまり活発じゃないけど)、山本紗也加(山本サヤカ名義)はソロデビューと、本体以外にも活動の場を広げてるだけに、他のメンバーの同行が気になります。
そして一番気になるのは、ひっそりとサイトを立ち上げている元メンバーの松室麻衣だったりする。彼女の声、好きなんだけどなー。

一応今作は、出会いから別れを描いたコンセプトミニアルバムという位置付けらしい。

このPVでの半田健人と長谷部優のつながりが分からなかったんだけど、前のミニアルバム「ナツイロ」からの「この夏が終わる前に」のPVで、ふたりは出会って付き合うという設定だったようだ。
一応、つながってたのね。

(追記)2006/11/14 15:25
全体を通して聴くと、後半になるにつれて楽器の数が増えていって、音が厚くなり、ストーリーが展開していってるカンジがイイですね。
結局これも、愛聴盤となりました。


Boy meets Girl Boy meets Girl
dream (2005/12/21)
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
この商品の詳細を見る

Boy meets Girl(DVD付) Boy meets Girl(DVD付)
dream (2005/12/21)
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
この商品の詳細を見る

| その他のアイドル | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2005年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年01月