FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

BABYMETAL「METAL GALAXY」

随分、間が空いてしまった。
既に色々と「遅い」かもしれないけど、ぼちぼち書いていこうと思う。

さて、まずはBABYMETALから。

お久しぶりのニューアルバムだけど、それにしたってリリースから1か月以上経過してるな。

なんていうのか、1stアルバム以降、特に世界を主戦場とするようになってから、どちらかといえばリリースのスパンは長めだし、テレビに出るわけでもないので、追いかけるには実際にライブに出掛けるか、いわゆるfancamに頼るしかないワケで(bootlegに頼ってたかつてとは違って、お気軽にyoutubeで見られるのはそれで楽だけど…という)。
急にバタバタとリリースされたかと思ったら、3rdアルバム。

YUIMETALの脱退は残念だけど、この3rdアルバムを通して聴くと、個人的にはBLACK BABYMETALは、ライブの一つの要素としてはアリだけど、アルバムを構成する要素としてはナシだったなと。
「4の歌」も繰り返し聴くカンジではなかったし。

3枚のアルバムを聴いてきて、単純にこの3rdアルバムは「最高である」と言い切れる。

1枚目は、非常に挑戦的というか、凄く面白い。
非メタルから多くの要素を取り入れつつも、きっちりBABYMETALの色になっているのは、SU-METALの声なんだろうな。
それにしても「Brand New Day」が1枚目の一番の盛り上がりドコなんだけど、解ってもらえるだろうか?
特にギターがスゲー好き。
featとして名前のあるTim HensonとScott LePageはPolyphiaというバンドのギタリストらしいので、そっちもチェックしないとなぁ。

2枚目はやたらとメタル色が濃い。「PA PA YA!!」もこの流れで聴くと、ラップも含めてゴッリゴリのメタルだよなぁ。

結局PCやプレイヤーに取り込んだり、プレイパスでまとめてダウンロードすることで、物理的に分割されていることなんかを気にせずに、「METAL GALAXY」として一つの作品と認識できるのは、凄い変化だと思う。Disc1、Disc2と分かれているけど、実際に聴くときには意識すらしなくていいというのは、凄い大きな変化だと思う。

なんか脱線した気がするけど、要するに「BABYMETALはやっぱり最高だった」というところか。



書いてて思い出したけどこのアルバム、プレイパスでダウンロード可能なんだけど、このプレイパスというアプリ、スマホでの曲の保存先を指定できないというアレな仕様で「困ったな」と。

【Androidの場合】
■楽曲ファイル
保存先:端末本体かSDカード
・任意で保存先を設定することはできません。
・保存先から移動する方法は、端末の取扱説明書やご利用の携帯電話会社にご確認ください。移動後の動作保証は行っておりません。
楽曲や動画の保存先について


変更できないけど、本体かSDカードってどういうことよ?と。
実際にこのアルバムをダウンロードしてみると、まんまと本体ストレージに格納されたワケです。
うーん、今後このアルバムのようにプレイパス対応が増えたら面倒だなと。
で、上で書いたQ&Aを見てて「保存先は選べないけど、本体でもSDカードでも対応できる」と解釈して、本体ストレージのRootディレクトリ直下にあった「Playypass」というフォルダごとSDカードへ移動させてみたら…
想像どおり、アプリからも正しく認識できてた。

勿論、試すなら自己責任ってことで。
スポンサーサイト



| BABYMETAL | 00:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サポートとはいえ三人体制になったことがこれほど話題になるとは… #BABYMETAL

元モーニング娘。の鞘師里保がサポート(アベンジャーズ)に入ったことは、バックグラウンドの「物語」を重視するアイドル好きにはたまらんよねぇ。
もう一人のサポートにさくら学院の9代目生徒会長である藤平華乃も、おなじさくら学院ということもあって、燃えるよねって。

まぁ、サポートといえば個人的には佃井皆美だなぁ。
「仮面ライダー鎧武」で珍しく変身前後を一人で演じちゃうような人だし。

イギリスのグラストンベリーにも鞘師がサポートしてたし、これからどうなるんだろうねぇ。

なんか、英語もうまくなってるね。


公式の「PA PA YA !!」のビデオ。

ライブ映像だけど、音はライブじゃないんだよね。ちょっと残念。
「Elevator Girl」もオフィシャルな映像を出してくれないかな?

| BABYMETAL | 23:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BABYMETAL 「PA PA YA !!」

やっぱりビデオは作らないのか?

…というBABYMETALの新曲。
なんかリリースのペースが上がってきてるように感じるけど、そろそろアルバムかな?

「PA PA YA!!」はタイのヒップホップアーティスト・F.HEROをゲストに迎えた新曲。パパイヤをモチーフにした“サマーメタルソング”となっている。
BABYMETALがタイのF.HEROとコラボ、新曲「PA PA YA!!」配信リリース - 音楽ナタリー


正直、非日本語圏かつ非英語圏での、特にヒップホップ系ミュージシャンについては知識ゼロなので、このF.HERO氏が何者なのかは全然判らないが、面白いラップだと思う。

前作「Elevator Girl」はちょっとシリアスな雰囲気を楽しく歌うカンジだったけど、こうしてノーテンキな歌詞なのは、ちょっと安心するね。

そろそろね、ライブ行かない勢にも、元気な姿を見せて欲しいなぁ。

| BABYMETAL | 23:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BABYMETAL「Metal Resistance」

届きました。
まさか国内盤と海外盤で微妙に違うとかさ。
7曲目が国内盤では「シンコペーション」で海外盤が「From Dusk Till Dawn」で、ラストの「THE ONE」が英語日本語の混合か英語のみか…
面倒な。

で、ざっと聴いた感想。
久しぶりに「メタルを聴いてる」って思うほど、充実したサウンドだったんじゃないかな?
今回は事前に聴けたのは「Road of Resistance」「KARATE」「あわだまフィーバー」「THE ONE」で、1stアルバムよりは既発曲が少なくて、純粋に楽しめた。
おっと「NO RAIN, NO RAINBOW」も武道館のライブDVDには入ってたよね?

好きなのは「ヤバッ!」だな。
適当に早いテンポだし、サビでのSU-METALの声の処理とか印象的だし、気持ちいい。
もうひとつの「紅月」とでもいうべき「Amore - 蒼星 -」は、あの頃のビジュアル系メタルサウンドを現代風にアレンジしなおしたようなカンジ。あの頃(どの頃?)のことを思い出すなぁ…
「シンコペーション」も言われりゃ、ヴィジュアル系かな。それっぽい歌詞といい、シンコペーションというタイトル通りの疾走感とか、その昔あれこれとコピーをお手伝いしたのを思い出す。

「GJ!」と「Sis.Anger」のYUI-METALとMOA-METALの曲。
前作の「4の歌」よりも、曲としてマトモ。
特に「Sis.Anger」が曲のテーマもあってか、とにかくへヴィ。
これがアイドルソングとして世に出回るってのがとにかく凄いと思う。

結局、この三人の声が入ってれば、どんなにエクストリームなサウンドでもアイドルソングとして成立してしまう。

で、輸入盤の「From Dusk Till Dawn」と「THE ONE(English version)」も聴いた。

一言で、「From Dusk Till Dawn」は、カッコイイ!
基本的に、これはインストといっていいのかな?
確かにSU-METALの歌も入っているが、どう考えてもこれはバックのバンドの音の方がメインだろ?
アルバムやライブのオープニングってカンジの、壮大な楽曲。
ゆよゆっぺの仕事か。

"BABYMETAL “METAL RESISTANCE” に参加いたしました。

・KARATE Songwriting / Arrangement / truck making / Mixing
・ヤバッ! Arrangement/truck making/Mixing
・GJ! Songwriting / Arrangement / truck making / Mixing
・Sis. Ange Arrangement / truck making / Mixing
・From Dusk Till Dawn Composition / Arrangement / truck making / Mixing"
BABYMETAL “METAL RESISTANCE” 発売 | ゆよゆっぺオフィシャルHP



正直、これでメタル好きが増えるとは思えないんだけど、面白いからいいか。
しばらくは聴きまくりだな。

でも、「META!メタ太郎」だけはダメだ。



   

| BABYMETAL | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BABYMETAL「THE ONE」

2016/4/1発売のニューアルバムから、「KARATE」に続いて「THE ONE」のビデオが公開されて、発売までのテンションが上がってきました。

いかにもアルバムの最後を飾るような雰囲気の楽曲だ。
ここでは英語と日本語の混ざった歌詞だが、アルバムでは純粋に英語のみのようだ(English versionと記載されている)。
あまりシリアスにメタルをやられても困るので、ほどほどにしてKawaii Metalにとどまってくれるよう、祈るばかりだ。

ともあれ、4/1が楽しみでならん。
   

| BABYMETAL | 22:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT