FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アイドルソングにおける「らしさ」 - 乃木坂46「ジコチューで行こう!」

7月くらいに初めて聴いたときに、違和感を覚えたワケです。

AKB48っぽくね?って。

ミュージシャンやアイドルにおいて、楽曲に「らしさ」が必要なのは、イメージを付けるため。
なので、爆発的にヒットした場合、サウンドってバラエティに富んだものになっていく傾向があると思う。

そういう観点からすると、ブレイクしたAKB48としては楽曲に「AKBらしさ」は必要ない。何をやっても売れるから…というと怒られるか?

その後にデビューした乃木坂46や欅坂46は、音としてはそれぞれに「らしさ」があったと思う。

まぁ、初期(生駒ちゃん時代と勝手に呼んでるけど)はワリとアイドル的でかつ清楚なイメージが優先だったなと勝手に思ってる。
勝手に思ってるだけじゃいけないと思って、改めてyoutubeの公式チャンネルでシングル曲を聴いてるんだけどさ…

意外に知らないシングル曲がいっぱいあるねぇ。

改めてずらっと聴いてみると、夏ソングは傾向として、こういうカンジなんだねって再認識。
「ガールズルール」「夏のFree&Easy」「太陽ノック」「裸足でSummer」は確かに夏の歌というカンジで、知らなければ乃木坂46だとは思わないんじゃ?という印象を受ける(「逃げ水」だけは、夏だけどちょっと違うね)。

つまりは「ジコチューで行こう!」は乃木坂46にとっては恒例の夏ソングだということなのかもしれない。

ところで関係ないんだけど、デビューの頃からテレビなんかで見てると、生駒里奈の扱いが…
デビュー当初は乃木坂46の顔だったと、ファンではない人は思うワケです。
だんだん後列に移動し、端っこに行き…となると、少なくとも初期のグループを先頭で引っ張って来た人なのになぁ、とちょっと寂しい思いをするワケです。
運営の意図や彼女の想いは知らないので、勝手に感じてるだけなので。

完全に横道に逸れてしまった。

で、多分僕が乃木坂46のイメージとして持ってるのは初期なら「おいでシャンプー」で、最近なら「インフルエンサー」や「シンクロニシティ」あたりのサウンドイメージだと思う。
あまり知らない人からすれば、それくらいのイメージと。

「制服のマネキン」が、欅坂46の習作でしょうか?
   
スポンサーサイト

| その他のアイドル | 02:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゆるめるモ!「歩くの遅い犬」 from 「YOUTOPIA」

無駄に、というと失礼だが、無駄にカッコいいイントロに痺れる。
向かい合ってドラムを叩く四人の絵も、なかなか面白い。
ちょっとずれたサングラスはイラッとするカンジだが…

いっそドラムを叩き続けてればとか思ったけど、まぁ、仕方ないか。

それにしても不思議なグループだと思う。
曲も、彼女たちそのものの魅力も、なんか中毒性あるというのか。

あのの笑顔は狂気だと思う。

 

| その他のアイドル | 02:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アイドルネッサンス「5センチメンタル」

「The Cut」以来、気になってるアイドルネッサンス。
EPが出るのね。
でもって、小出祐介か。アイドル好きね(他人の事言えない)。

EPの曲で公開されているのは「交感ノート」と「5センチメンタル」か。「Blue Love Letter」はライブ版のみね。
どちらも判りやすいキャッチーさってなくて、どちらかといえば地味な印象。
「交感ノート」はメイントラックっぽく、メンバー全員が均等ってイメージだけど、「5センチメンタル」は石野理子メインだね。

ソロで歌ってるライブも公開されてるけど石野理子もうまいとは思うけど、合う曲と合わない曲があるのか、ちょっと不安定な印象。
まぁ、他のメンバーはそれ以上に不安定なんだけど。
そういう意味ではカバーから脱して、オリジナル曲を歌えるようになったのは、いいことかな。
少なくとも石野理子のうまさを活かした曲を用意できそうだし。

しかしまだ十代だからとはいえ、白いセーラー服に黒いストレートヘアというのは…


| その他のアイドル | 01:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リリカルネッサンス「The CUT」

アイドルネッサンスとlyrical schoolの期間限定コラボレーションユニット、リリカルネッサンス。

曲はBase Ball BearがRHYMSTERとやった「The CUT」のカバー。

例えば、オリジナル版。
Base Ball Bear - The Cut -feat. RHYMESTER- - YouTube
RHYMSTERの特徴的な声とラップに、小出祐介の甘い声の絡み合いが不思議な魅力を持っていたこの曲をアイドルが?と。
まぁ、小出祐介ってアイドル好きでしょ?

オリジナルはそれぞれが特徴的な声を持っており、単純に比較すると、声の時点でやや不利。
とはいえ、元々の曲の面白さが、結局はヘビーローテーションにさせてしまう。
唄担当のアイドルネッサンス、ラップ担当のlyrical schoolとグループのカラーが判りやすい。

個人的にツボなのは、関根史織が担当していたハモりパートの再現だ。

ライブは積極的に公開してるのね。
【「The Cut」1.22ライブ映像(初披露)】リリカルネッサンス(lyrical school+アイドルネッサンス ) - YouTube
【「The Cut」2.11ライブ映像】リリカルネッサンス(lyrical school+アイドルネッサンス ) - YouTube




| その他のアイドル | 01:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「dreamはDreamの夢を見る」

Dreamの現在のメンバーによるエッセイ本といったところ。

1990年代序盤あたりからの小室ファミリーの台頭とかと重なって、今なら「アイドル」と称されるようなグループも一様にアーティスト化。すっかりアイドルなんて死語になったんじゃないかと思うほどだった。
そこでモーニング娘。がデビューして、一気にとはいかなかったと思うけど、アイドル復権。そういうイメージの中で松室麻衣脱退後の新メンバー加入を機にアイドル化したdreamが売れるかというと…
まぁ、そもそも、その時点でdreamがそれほど売れていたかというと、そうでもない印象。あくまでも印象だけど。
本にも書かれていたが、加入当時の彼女たちがavexだし売れるだろうと楽観視していたようだが、同時期か前後の時期で活動していた類似グループ(例えばEARTHやSweetS)が売れたかというと、疑問だ。印象的には、それこそ「channel-a」などのような御用番組というか、身内の番組でしか見かけることのない状態だったような気がする(あとは「カウントダウンTV」とか?)。

まぁ、地方在住の僕からすると、メンバー脱退や改名で迷走してるのは判ってたし、路上パフォーマンスの事やHIROに拾われた(駄洒落)こととか断片的にしか知らなかったワケで、当時のことが偲ばれる。
ただ、復活したもののDreamよりもE-Girlsという状態にはモヤモヤしたものが残る。

Dream(dream/DRM)といえば、結構前から書いてるので、改めて一覧を。
現在のDream名義
Dream「ダーリン」
Dream「Only You」
Dream「Dreaming Girls」
Dream「Dreaming Girls」
Dream「Hands Up」
Dream「Ev'rybody Alright」
Dream「My Way ~ULala~」
まぁ、諦めてたけど。 - Dream
Dreamついに…!?
Dream「Breakout」
Dream「Perfect Girl」
再始動 - dream 改メ DRM 改メ Dream
Dream「To The Top」
DRMからDreamへ

DRM時代
DRM「DRM」

dream時代
dream「7th Anniversary Best」
dream「dream party 2006 -Love & Dream-」
dream「Transit -independence-」 from Mini Album「Boy Meets Girl」
dream 「Identity -prologue-」
dream「Dear…」


| その他のアイドル | 01:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT