FC2ブログ

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2009年

2009年のまとめです。

今年は年末に、かなりの傑作が出たので、ワリとそれまでの印象が吹き飛んでしまった気がするんだな。
Devin Townsend Project「Addicted」とWINGER「Karma」の二枚。WINGERはレビュー書いてないけどね。
アディクテッドアディクテッド
(2009/12/16)
デヴィン・タウンゼンド・プロジェクト

商品詳細を見る

カーマカーマ
(2009/11/26)
ウインガー

商品詳細を見る


この二枚に持ってかれた印象があるんだけど、EUROPEの「Last look at eden」も良かったな。
ラスト・ルック・アット・エデンラスト・ルック・アット・エデン
(2009/10/21)
ヨーロッパ

商品詳細を見る

最初の印象は地味だけど、未だプレイヤーに入ってるし、なかなかいいアルバムでした。

洋楽はこれにGLORIANAがプラスかな。
GlorianaGloriana
(2009/08/04)
Gloriana

商品詳細を見る

元々はCheyenne Kimballから流れ着いたんだけど、なかなかいいポップスでした。
もっとカントリーっぽいのかと思ってたけど、四人のハーモニーが生かされたとてもいいアルバム。Cheyenne Kimballメインの曲がやたらとブルージーなのが笑える。
こういうのも日本に紹介されるといいのになぁ。
輸入盤だけってのは残念だ。

さらに今年はなんといっても「けいおん!」だな。
結局アニメはほとんど見てないんだけど、音楽だけは追っかけてました。
秋山澪演じる日笠陽子の歌唱力はさすがだと思うけど、やはり平沢唯役の豊崎愛生のいかにもアニメキャラっぽい歌唱の方が僕のツボにはまった。
なので挙げるとすると、この二枚。
Cagayake!GIRLS(初回限定盤)Cagayake!GIRLS(初回限定盤)
(2009/04/22)
桜高軽音部豊崎愛生

商品詳細を見る

TVアニメ「けいおん!」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん!」イメージソング 平沢唯TVアニメ「けいおん!」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん!」イメージソング 平沢唯
(2009/06/17)
平沢唯(豊崎愛生)

商品詳細を見る

以降のキャラソンは個人的には完全に蛇足だと思います。

あとはBASE BALL BEARですね。
(WHAT IS THE)LOVE&POP?(WHAT IS THE)LOVE&POP?
(2009/09/02)
Base Ball Bear

商品詳細を見る

一応メジャーのアルバムはこれを含めて三枚聴いてるけど、これが一番いい。

更に挙げるとするとコレ。
アイドリング!!!の「Petit-petit」です。
Petit-Petit(ロープライスエディション)Petit-Petit(ロープライスエディション)
(2009/08/19)
アイドリング!!!

商品詳細を見る

未だシンケニエローの森田涼花以外顔も名前も知らない(興味がない)僕にとってはこの「ロープライスエディション」で十分(だが決してロープライスだとは思えないな)。
Petit-Petit(プレミアムエディション)(期間限定盤)(DVD付)Petit-Petit(プレミアムエディション)(期間限定盤)(DVD付)
(2009/08/19)
アイドリング!!!

商品詳細を見る

Petit-Petit(スタンダードエディション)(DVD付)Petit-Petit(スタンダードエディション)(DVD付)
(2009/08/19)
アイドリング!!!

商品詳細を見る

久しぶりにアイドルものというか、ガールズポップでいいと思いました。
でもまぁ、アイドルとしてはあまり興味がないので、次のアルバムまでは買うことはないかと。

最後にこれを挙げておかないといかんか。
Dream復活!
Perfect  Girls/Perfect Girls/
(2009/09/09)
Dream≪会場限定≫

商品詳細を見る

Amazonにリンクがあるのね。
一応ライブ会場とmu-moで通販という限られた販路のみ。折角の復活にちょっと水をさしたというか…
まぁ、youtubeで見て我慢です。
Amazonで「通常1~2か月以内に発送します。」とあるので、取り寄せなんだろうね。キャンセルされるかな?

今年はユニコーンが復活してアルバムを出したので、ウチの奥さんは狂喜乱舞。また期間限定とはいえLINDBERGの復活や、森高千里もボチボチテレビで歌ってるし、残酷な結果だったとはいえNokkoも再始動もあり、昔の人ってのはまだまだ需要があるんだな…
…っつーか、80年代から90年代に熱狂的にCDを買い漁った年代が狙われてるってことかな?
来年は誰が復活するんだろう?

「BURRN!」を買わなくなって、新しいHR/HM系バンド、ミュージシャンに疎くなったなぁ。
古い人ばっかりだ(けど、みんないいアルバムを出してる)。

…ってことで、今年はこれでおしまい、かな?
スポンサーサイト

| その年のまとめ | 10:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2008年総括

今年はもうCDを買わない気がするので、ここらで2008年の個人的な総括をしようかと。

ここ数年続いている、懐かしいバンド/ミュージシャンの復活が、今年も続いたことが、ワリと印象に残ってる。
再結成とかってのが、結構あったように思う。

まさか、LINDBERGがねぇ…
(追記:2008/12/29 そして、ユニコーンまでもが…!)

違うか。
BABY ANIMALSはアコースティックアレンジだから購入してないけど、復活したIT BITESは、ボーカルこそ違うけど、結構パワフルなアルバムで、かなり聴きこんだ(2009年には国内盤が出るらしいが…)。
The Tall ShipsThe Tall Ships
(2008/09/30)
It Bites

商品詳細を見る


夏にKip Wingerのソロを買ったな。
これもかなり長い間聴きつづけた。
輸入盤発売から、国内盤出るまでに2ヶ月近く間があったからなぁ。かなり待たされたイメージがある。
メーカーに問い合わせたら、「ボートラ付くよ」ってことだから待ったんだけど、1stソロの「Don't Let Go」だったんで、ずっこけたけど、アルバムとしてはかなりいいデキだったなぁ。
WINGERでもメンバーとして参加してるCenk Erogluの影響がデカイみたいだね。Cenk ErogluのアルバムにもKipが参加してるし、そこの曲がこのソロにも入ってるし(まんまカバー版とリアレンジ版が)。Cenk Erogluのサイト見て思ったのは、このKipのソロは、WINGERとCenk Erogluのアルバムの中間のサウンドってカンジだね。中途半端という意味ではなくて。
ソロを聴いてると、バンドとしてのWINGERの存在ってなんだろうと… 正直、KipのソロとCenk Erogluのサウンドを聴いてると、あのHRアレンジは誰の嗜好なんだろうと、ちょっと心配になるな。
でもバンドもしばらく続きそうだし、次回作も期待して…いいのかな?
フロム・ザ・ムーン・トゥ・ザ・サンフロム・ザ・ムーン・トゥ・ザ・サン
(2008/07/23)
キップ・ウィンガー

商品詳細を見る


…あ、WINGERの「IV」も、いいアルバムですよ。


そして、2008年といえば、コレ!と言っていいのかな?

チャイニーズ・デモクラシー(初回限定)(SHM-CD)チャイニーズ・デモクラシー(初回限定)(SHM-CD)
(2008/11/22)
ガンズ・アンド・ローゼズ

商品詳細を見る

チャイニーズ・デモクラシーチャイニーズ・デモクラシー
(2008/11/22)
ガンズ・アンド・ローゼズ

商品詳細を見る


まさか、本当に発売する日がくるとは思ってなかった。
しかも、こうもあっさりと。
そして、これが結構イイ!
考えてみれば、大作志向は「Use your illision」の時にも顕著だったし、今更なにを、と言う気がしないでもない。
SlashもIzzy、Duffがいない中で、かつてのサウンドはありえないワケだから、あとは元気なAxlの声が聴ければいいというところかな?
つい最近まで、このアルバムも聴きまくりでした。


で、ガンズをヘビロテの座から引き摺り下ろしたのが…
inherited-System(DVD付)inherited-System(DVD付)
(2008/12/03)
Masked Rider IXA名護啓介(加藤慶祐)

商品詳細を見る

inherited-Systeminherited-System
(2008/12/03)
Masked Rider IXA名護啓介(加藤慶祐)

商品詳細を見る

まさか、特撮モノのサントラ(というか歌モノ企画)に、こうもハマるとは…!
まぁ、Dream(dream/DRM)とか好きだし、案外avexサウンドに対する拒否感はないのかもしれないなぁ。
バスドラ4つ打ち+HR/HM風ギターサウンドってのは、ワリと好きなんだと思った。
そして高橋優+柳沢ななの母娘(役)のデュエットにやられた!

ガンズといい仮面ライダーキバといい、この年の瀬に、ズカン!ときました。
興味がある人は、ニコニコ動画にでも。かなりのPVがアップされてるハズ。


…あぁ、今年の頭はなにを聴いてたんだろう?
と思って、自分のblogでナニを書いたか確認してみる。

おぉ、セバスチャン・バックの復活もあったなぁ。
宇多田ヒカルのアルバムも結構良かった。
Perfumeもあったなぁ。
TESTAMENTもかなりよかった。

…ってことで、次回更新はきっと来年。
では、よいお年を。

| その年のまとめ | 01:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2007年を振り返る

やはり1年のしめくくりってことで、今年一年を振り返ることにしました。
まぁ、個人的なことながら、昨年末の引越しがあって、1月から4月上旬までの出張がきいてるってカンジだな。
生活習慣とか音楽を聴くってことに関してもそうだけど、なんか自分のペースをつかめないままだったような気がする。

でもって、以下今年2007年の僕を象徴するようなCDを並べてみた。
本当は2007年発売に限定するのがいいと思うんだけど、案外そういうのが少ないって判ったので、あえて2007年発売には絞らないで「2007年よく聴いた」とか「2007年はこのCDに支えられた」ってなのを集めてみた。

まずはWINGERの最新アルバム「IV」
IVIV
(2006/10/25)
ウインガー、ウィンガー 他

商品詳細を見る

最新といっても発売は2006年の10月。
でも、これは久しぶりに熱くなるHR/HMアルバムです。
HR/HM好きな人に出会ったら、是非薦めたいアルバムなんだけど、この歳で音楽の話をする機会って案外少ないねぇ。
マジでライブは見たかった。

えー、土屋アンナです。
strip me?(DVD付)strip me?(DVD付)
(2006/08/02)
土屋アンナ

商品詳細を見る

strip me?strip me?
(2006/08/02)
土屋アンナ

商品詳細を見る

これも2006年だね(8月)。
本当はこの後に出たアニメ「NANA」関連にしようかと思ったけど、結構ダブる曲が多いので、こっちかなぁと。
まぁ、そこそこヘヴィで歌モノでってカンジなので、元気がないときにはちょうどイイ。
心の中でシャウトしつつ、駅から仕事場への道のりを独り歩いたものです。
あまり聴いてますとは言いにくい人だけど。

でもってdream(現:DRM)のミニアルバム。
Boy meets GirlBoy meets Girl
(2005/12/21)
dream

商品詳細を見る

Boy meets Girl(DVD付)Boy meets Girl(DVD付)
(2005/12/21)
dream

商品詳細を見る

こちらは更に古くて2005年です。
もう単純にdream(DRM)好きなので、ここ数年プレイヤーから彼女たちの曲が消えたことはないです。でもって発売からずーっと最低でも1曲、現在3曲入ってます。
おぉ、今年にはライブ盤も出たけど、DVDと同じ音源のようだし、オススメはしません。

こちらはDRMへの変名後のミニアルバム。
DRM(DVD付)DRM(DVD付)
(2007/06/27)
DRM

商品詳細を見る

DRMDRM
(2007/06/27)
DRM

商品詳細を見る

出張が終わって、心にゆとりがある時だからねぇ。
音楽性には大きな変化はなくて、強いて言うと名前が変わっただけ。
前作に違和感を覚えなければ、聴いて損はないと思う。

ELLEGARDENです。
ELEVEN FIRE CRACKERSELEVEN FIRE CRACKERS
(2006/11/08)
ELLEGARDEN

商品詳細を見る

これは2007年前半の、ワリとHR/HM系に新しいのが入らなかった時期を埋めてくれたアルバム。
結構ヘヴィだし。

でもって、EUROPEの再結成第2作目。
シークレット・ソサエティシークレット・ソサエティ
(2006/11/18)
ヨーロッパ

商品詳細を見る

これも2006年の11月に発売になったんだけど、そのまま出張のお供。
非常に印象深いアルバムになってしまった。
まぁ、解散前の音とは全然違うんだけど、非常にカッコイイ、そして力強いアルバムです。
SCOPIONSの時にも書いたと思うけど、ベテランや再結成バンドがこういういいアルバムを出してくれるってのは、嬉しいことです。
系統は違うけど、EAGLESもアルバム出したね。

ラストはリア・ディゾン。
Destiny Line [DVD付初回盤]Destiny Line [DVD付初回盤]
(2007/09/12)
リア・ディゾン

商品詳細を見る

Destiny Line [通常盤]Destiny Line [通常盤]
(2007/09/12)
リア・ディゾン

商品詳細を見る

まさか紅白にまで出るとは、思いもしなかった。
グラビア・アイドルのCDとしては予想以上のデキだと思います。
一応外国人ってこともあって、英語はOKだしねぇ。

他にはSTRAPPING YOUNG LADも常に入ってたような記憶があるし、チャットモンチーも結構聴いた(けど何か思い出に結びついてるワケではないので)。
後藤真希もワリと良かったな。
久しぶりに出たDevin Townsendの新作も、アルバムとしては微妙だったなぁ。1曲1曲はいいものがあっても、全体の印象がなぁ…

まぁ、あとは子どもの関係で、「おかあさんといっしょ」からは「ぱわわぷたいそう」を、「いないいないばあっ!」からは「ぐるぐるどかーん」とか色々と。「クインテット」からは「あくびのうた」だな。
でも最近はDVDで「いないいないばあっ!」を見せろとせがまれて…

こうして振り返ると、2007年はFrank Zappaをほとんど聴かなかった一年でした。
アルバムもほとんど手に入りにくくなってるし、発掘CDシリーズは高いし、DVDなんか見る暇ないし…で。
歌モノ傾向が強い昨今、ちょっとZappaな気分じゃなくなってるだけかな?

そうそう、もうAlice Cooperの新譜は国内盤出ないのか?

≫ Read More

| その年のまとめ | 02:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |