FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

最近音沙汰なし…と思ってたら、アルバム作ってたのね。 め組「春風5センチメンタル」


…じゃあ、何のことやらだね。

ってことで「わーすた」というアイドルグループのメンバー三品瑠香が新人AD役で出演するめ組の新曲MV。

「春」っぽさ全開のピアノに、何故かダイアルアップ(音響カプラというべき?)の音が混ざり込む不思議なイントロ。
全編をとおして、まじめな菅原達也が色濃く出てる一曲。

三品瑠香がいいね。
やる気があるのかないのか、全然読み取れないのがなんとも不思議な雰囲気を漂わせる。
超絶美人というよりも、かわいいカンジの子なので、なんかリアルというか、「なんかこういう子いそう」って思っちゃう。
職場にいたらチヤホヤされてそう…とかどうでもいいことを想像してしまう。

で、このビデオ、ストーリーって何かあんの?
そこそこ頑張る女の子を追いかけるだけの映像だった(凄く頑張るわけではなくてそこそこ)。
三品瑠香がかわいいなぁって。
キーボードの人も好きだけど。


スポンサーサイト



| J-Pop | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

赤い公園「凛々爛々」

最近、あまり気分が盛り上がらず、blog更新の気力がなかった。
でもとりあえずは頑張って、再開。

赤い公園「凛々爛々」

曲の良さは勿論なんだけど、やっぱりビデオの中でついに四人がそろった!という部分がとても感動的だ。

「消えない」では二つに分割された画面の、左側に石野理子が独りで歌い踊り、右側でメンバーがひたすら演奏する構成だった。
続く「Highway Cabriolet」はちょっとコンセプトは違ってるが、確かに四人別々のシーンばかりだった。

そして、ついに…

改めて昔の曲も聴いたりしてるけど、赤い公園っていいね(今さら?)。
でもやたら癖のあるカンジだったのが、ここ最近のストレートなポップさみたいなのに変化していったというのも、なんか面白いなぁ。

前にも書いたかも?
やっぱり石野理子の髪型の変化ってのはね…
アイドルネッサンスのメンバーとして、つまりはアイドルとして在るということと、バンドのボーカルとして在ることの、その違いを僕は彼女の髪型の変化から読み取ろうとしてしまう。
つまりは随分、ナチュラルに見えるってこと(薄化粧に見える化粧とかそういうことは抜きにして)。
…いやぁ、まぁ、勝手な「読み」なんだけどさ。

| J-Pop | 23:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Anly 「Venus」

発売は一年前だから、まぁ、今更なんだけど、最近ライブの動画をいくつか見てて、思うところを。

そのメロディはやっぱりポップだけど、正直、普通のポップスなアレンジだと輝きを失う…というと言いすぎだけど、ループ込みだと思うんだ、彼女の魅力は。
だからまぁ、いっそ、ヒップホップ系の人にアレンジやプロデュースをお願いしたら面白そうだと思うんだけどな。

この曲は、ただただ美しい。


  

| J-Pop | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

竹内アンナ「Free! Free! Free!」

一応、J-Popにカテゴライズしたけど、どうかね?

とにかくポップだし、英語の気持ちよさを久しぶりに感じた曲だったり。

元はといえばyoutubeがこれを勧めてきたのが切っ掛け。

いや、今この時代にTLCのカバーとか、どういうチョイスだよ!?と思ったけど、結構面白い。
とにかく楽しそうなのが、たまらんなぁ。

「Free! Free! Free!」もそうだけど、楽器への比重が結構大きいと感じてしまう。
歌うことは勿論だけど、演奏することも好きなんだろうなぁと勝手に想像してる。

知る人ぞ知るじゃもったいないと思う。


 

| J-Pop | 02:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三上ちさこ「Parade For Destruction」

いよいよ復活の三上ちさこ!

アレンジとプロデュースがCHRYSANTHEMUM BRIDGEということで、サウンド的にはかなり整理されてるように感じる。
ソロ1stのホッピー神山の時にも少し違和感を覚えたが、その後のミニアルバムでの手直しとか、ライブでのアレンジを聴いてると、やっぱり轟音というのか、オルタナっぽいカンジのが結局落ち着くのではないかと思ってたりする。

とにかく今回は復活を単純に喜びたい。
とりあえずはライブをやるようだけど、地方在住としては、やっぱり音源ね。
CDが欲しい。

| J-Pop | 01:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT