≫ EDIT

2009年

2009年のまとめです。

今年は年末に、かなりの傑作が出たので、ワリとそれまでの印象が吹き飛んでしまった気がするんだな。
Devin Townsend Project「Addicted」とWINGER「Karma」の二枚。WINGERはレビュー書いてないけどね。
アディクテッドアディクテッド
(2009/12/16)
デヴィン・タウンゼンド・プロジェクト

商品詳細を見る

カーマカーマ
(2009/11/26)
ウインガー

商品詳細を見る


この二枚に持ってかれた印象があるんだけど、EUROPEの「Last look at eden」も良かったな。
ラスト・ルック・アット・エデンラスト・ルック・アット・エデン
(2009/10/21)
ヨーロッパ

商品詳細を見る

最初の印象は地味だけど、未だプレイヤーに入ってるし、なかなかいいアルバムでした。

洋楽はこれにGLORIANAがプラスかな。
GlorianaGloriana
(2009/08/04)
Gloriana

商品詳細を見る

元々はCheyenne Kimballから流れ着いたんだけど、なかなかいいポップスでした。
もっとカントリーっぽいのかと思ってたけど、四人のハーモニーが生かされたとてもいいアルバム。Cheyenne Kimballメインの曲がやたらとブルージーなのが笑える。
こういうのも日本に紹介されるといいのになぁ。
輸入盤だけってのは残念だ。

さらに今年はなんといっても「けいおん!」だな。
結局アニメはほとんど見てないんだけど、音楽だけは追っかけてました。
秋山澪演じる日笠陽子の歌唱力はさすがだと思うけど、やはり平沢唯役の豊崎愛生のいかにもアニメキャラっぽい歌唱の方が僕のツボにはまった。
なので挙げるとすると、この二枚。
Cagayake!GIRLS(初回限定盤)Cagayake!GIRLS(初回限定盤)
(2009/04/22)
桜高軽音部豊崎愛生

商品詳細を見る

TVアニメ「けいおん!」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん!」イメージソング 平沢唯TVアニメ「けいおん!」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん!」イメージソング 平沢唯
(2009/06/17)
平沢唯(豊崎愛生)

商品詳細を見る

以降のキャラソンは個人的には完全に蛇足だと思います。

あとはBASE BALL BEARですね。
(WHAT IS THE)LOVE&POP?(WHAT IS THE)LOVE&POP?
(2009/09/02)
Base Ball Bear

商品詳細を見る

一応メジャーのアルバムはこれを含めて三枚聴いてるけど、これが一番いい。

更に挙げるとするとコレ。
アイドリング!!!の「Petit-petit」です。
Petit-Petit(ロープライスエディション)Petit-Petit(ロープライスエディション)
(2009/08/19)
アイドリング!!!

商品詳細を見る

未だシンケニエローの森田涼花以外顔も名前も知らない(興味がない)僕にとってはこの「ロープライスエディション」で十分(だが決してロープライスだとは思えないな)。
Petit-Petit(プレミアムエディション)(期間限定盤)(DVD付)Petit-Petit(プレミアムエディション)(期間限定盤)(DVD付)
(2009/08/19)
アイドリング!!!

商品詳細を見る

Petit-Petit(スタンダードエディション)(DVD付)Petit-Petit(スタンダードエディション)(DVD付)
(2009/08/19)
アイドリング!!!

商品詳細を見る

久しぶりにアイドルものというか、ガールズポップでいいと思いました。
でもまぁ、アイドルとしてはあまり興味がないので、次のアルバムまでは買うことはないかと。

最後にこれを挙げておかないといかんか。
Dream復活!
Perfect  Girls/Perfect Girls/
(2009/09/09)
Dream≪会場限定≫

商品詳細を見る

Amazonにリンクがあるのね。
一応ライブ会場とmu-moで通販という限られた販路のみ。折角の復活にちょっと水をさしたというか…
まぁ、youtubeで見て我慢です。
Amazonで「通常1~2か月以内に発送します。」とあるので、取り寄せなんだろうね。キャンセルされるかな?

今年はユニコーンが復活してアルバムを出したので、ウチの奥さんは狂喜乱舞。また期間限定とはいえLINDBERGの復活や、森高千里もボチボチテレビで歌ってるし、残酷な結果だったとはいえNokkoも再始動もあり、昔の人ってのはまだまだ需要があるんだな…
…っつーか、80年代から90年代に熱狂的にCDを買い漁った年代が狙われてるってことかな?
来年は誰が復活するんだろう?

「BURRN!」を買わなくなって、新しいHR/HM系バンド、ミュージシャンに疎くなったなぁ。
古い人ばっかりだ(けど、みんないいアルバムを出してる)。

…ってことで、今年はこれでおしまい、かな?
スポンサーサイト

| その年のまとめ | 10:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Devin Townsend Project「Addicted」

やっと… 購入!

発売前日のお昼休みにタワレコ行ったけど売ってなくて、翌日の発売日のお昼休みにもなくて、その次は行けなかったので、ようやく本日購入に至りました。

そして、一言…

傑作!

待った甲斐があったってもんです。
正直、ここ数作の方向性にはちょっと…と思ってたけど、そういうモヤモヤを吹き飛ばす、力作でした。

壮大なオープニング「Addicted!」に続く「Universe in a ball」での絶叫も、なんだか気持ちがいい。
確かに、ヘヴィだ。
本当に、前作の「Ki」は序章に過ぎなかった!
既にヴィデオで見ていた(聴いていた)「Bend it like bender!」もポップでいいね。

しかし、元THE GATHERINGのAnneke van Giersbergenがいい仕事をしてる。Devinの曲に女性がリードボーカル取ってるのって、珍しくないか?

そしてある種の目玉とも言えるのが「Hyperdrive」のリメイクだ。
「Ziltoid the Omniscient」の中でもワリと好きだったけど、こっちのが好き…いや、あまりに聴いてないもんだからどういうカンジだったか思い出せない!

「Accelerated Evolution」の延長線上のサウンドというカンジで、「Accelerated Evolution」が大好きだった僕としては単純に嬉しい。
次回作はSTRAPPING YOUNG LADを超える?ほどのヘヴィなサウンドらしいので、かなり期待をしている。
この調子で行ってくれれば、来年はDevinな年になる…かな?

年末にインパクトの有るアルバムが登場して、おかげで今年の総括が遅れてます。


一つ付け加えるとするなら、Annekeの存在感が大きくて、Devin単独の曲がどーしても印象が薄くなるんだよな。


アディクテッドアディクテッド
(2009/12/16)
デヴィン・タウンゼンド・プロジェクト

商品詳細を見る

| Hard Rock/Heavy Metal | 17:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Devin Townsend Project「Addicted」

「Ki」の続編。
youtubeでレコーディング風景が公開されてるんだけど、これは期待できね。

YouTube - Pasty McBalderton Singin' 'Nibz' (Addicted)
http://www.youtube.com/watch?v=FuuRuL3HbHg&feature=channel

Amazonのリストには載ってないけど、名前が変わったのかな?

YouTube - Addicted Tracking gtrs for 'Resolve'
http://www.youtube.com/watch?v=ItWy2ESsEtE&feature=channel


YouTube - 'Addicted' Peavey guitar Tracking 'Universe'
http://www.youtube.com/watch?v=e_pgmIdIkvQ&feature=channel

Amazonのリストだと「Universe In A Ball」になってる。

YouTube - Numbered!
http://www.youtube.com/watch?v=UepMjHkkqFg&feature=channel


YouTube - Awake!
http://www.youtube.com/watch?v=f9NNKjZy-fQ&feature=channel


買うよ、迷うことなく。
12月まで待たないといけないか…


アディクテッドアディクテッド
(2009/12/16)
デヴィン・タウンゼンド・プロジェクト

商品詳細を見る

| Hard Rock/Heavy Metal | 23:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Devin Townsend Project「Ki -氣-」

四部作となるシリーズものの第1作目。
「氣」は邦題じゃなくて、オリジナルのタイトル。

ドラッグ、アルコールから脱却しての、まさに心機一転の作品。

ぱっと聴いた印象としては、(過去の作品と比較すると)ハードさが無くなった「Terria」という印象。
「Ziltoid」もそうだったけど、最近大人しくなってるカンジだが、付属の解説(インタビュー)によると、このシリーズは徐々にハードになっていくそうだ。
第二部、第三部あたりまでくると、「Ki」の評価も変わるはずだと、デヴィンは言う。

とりあえず以降の展開に期待を込めて…

しかし、赤と青の3Dメガネが付いてくるとはなぁ。
飛び出すブックレット!って幼児向けテレビ雑誌かよ。
「てれびくん」9月号に、まさにそういう付録がついてた。


KI~氣~KI~氣~
(2009/08/26)
デヴィン・タウンゼント・プロジェクト

商品詳細を見る

| Hard Rock/Heavy Metal | 10:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |