FC2ブログ

≫ EDIT

BLIND GUARDIAN「A Twist In The Mith」

最初に聴いたのは「Somewhere Far Beyond」だった。
勿論、リアルタイム(1992年だっけ?)ってこともあるんだけど、やっぱり楽曲に「エターナルチャンピオン」とトールキンが含まれてるってのが一番の理由だな。
中学時代に「ホビット」「指輪」(「シルマリル」は高校だっけ?)、「エルリック」をクリアしている身としては、聴かずにはいられないでしょ。
勿論愛聴盤になりましたよ。最初は友達から借りたけど、結局CDを購入して、以降アルバムを買うことになるのだが…

続く「Imagination From The Other Side」はコンセプトに頼らず、ここの楽曲で勝負して、いつの間にかヘヴィロテ入り。
トールキンの「シルマリルの物語」をモチーフにした「Nightfall At Middle Earth」は、「シルマリル」への思い入れもあって結構聴いたけど、「Somewhere ~」や「Imagination ~」ほど繰り返し聴くことはなかった。

思えばこの頃から彼らの音楽と、僕の嗜好とが乖離していったような気がする。

「Night At The Opera」なんかは、全然記憶にない。


で、久しぶりにアルバムを購入した。

中古だけど。

2006年発売だけど。


さらっと聴いたカンジだと、ちょっと「ひっかかり」がないように感じるんだな。

じっくり聴いていけば変わるのかもしれないけど、一曲一曲の印象がとっても弱い気がするんだな。
だいたい3分ちょっとから6分くらいまでで、そんなに長い曲ってないように思うんだけど、ぼわっとしてるというか…

ただ、一、二回聴いただけで、奥底に封印されている「Night at the opera」よりは遥かにいいデキ。

うーん…
なんというか、もうこういう音楽に心ときめかないようになってしまったんだろうか?


ア・トゥイスト・イン・ザ・ミスア・トゥイスト・イン・ザ・ミス
(2006/08/30)
ブラインド・ガーディアン

商品詳細を見る
スポンサーサイト

| Hard Rock/Heavy Metal | 01:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |