FC2ブログ

≫ EDIT

螢「白ひつじ黒ひつじ」

当時のプロデューサーが今更ながらブログで語るとか、正直どういう心境なのかよく判らないが…
雲と螢 - 雲は完璧な姿だと思う。。
雲と螢 2 - 雲は完璧な姿だと思う。。
雲と螢 3 - 雲は完璧な姿だと思う。。
おちあがるように - 雲は完璧な姿だと思う。。

とりあえずヤフオクなんかで出るたびに絶賛高騰中!の「白ひつじ黒ひつじ」(と「螢」)がyoutubeとニコニコで聴けるということで、早速聴いてみる。

1曲目、「羽風邪」

「羽風」じゃなくて「羽風邪」ってところに、コダワリがあるのだろう。
語り自体は、いつもの螢だ。
ただバックの音が、「異花」の路線をより推し進めたような、かなり作り込んでる印象だ。

2曲目、「うしろの指」
螢 - うしろの指 - ニコニコ動画:Zero
二胡が印象的な曲。
音楽的な挑戦は、よく判る。
これが彼女の中から出てきたものなのか、製作側から出てきたものなのか、知りたいところではある。

3曲目、「蛛」
 . 螢 白ひつじ黒ひつじ   蛛 mp3 - ニコニコ動画:Zero
ベースの自己主張がなかなか…
一応、僕もベース弾きなので、歌とベースのかけあいのようなアレンジはなかなか心躍る。

4曲目、「月雲」
螢 - 月雲 - ニコニコ動画:Zero
語りメイン。
恐らくシンセなんかで作り込んだ音なんだと思うけど、なかなか好きな音だ。
かつて聴きまくった「重戦機エルガイム」のイメージアルバム「エルガイム・オデッセイ」を思い出させる(って知ってる人いるかな?)。

5曲目、「缶摘」
螢 - 缶摘 - ニコニコ動画:Zero
ふわふわしたシンセにのっかる螢の歌もふわふわしてるが、リズム隊は目立たないながらも堅実な仕事。
前の曲もそうだったけど、シンセ主体で作り込んでるようで、あまりお金がかかってないような雰囲気なんだよな。
このCDって、インディーズ扱いだっけ?

6曲目、「こぐま」

やはり全体的に、これまでの作品のようなヘヴィな雰囲気は感じられないんだな。
これは彼女の心境に、なんらかの変化があったのだろうか、と想像せずにはいられない(とはいえ、既に10年も前のアルバムだけど)。

ラスト、「スイソウ」

ワリと静かだったこれまでの楽曲とは打って変わって、ヘヴィなアレンジに目が覚める。
とはいえ、歌や語りについてはいつもの螢だから。

アルバム全体的な印象としては、やや大人しいサウンドアレンジってこと。
大人しいけど、色々と模索というか、挑戦してるように感じる。
ただあまりポップなアレンジってのは合わない気がするな。

例の当時のプロデューサーがブログにこう書いている。

いやー、、びっくり(*゚0゚)!
「雲と螢」なんだか沢山の方に読んでもらったようで、
とてもひっそりと記しだしたブログだったのでちょっとびっくりしました。
おちあがるように - 雲は完璧な姿だと思う。。


それだけ多くの人が今でも関心を持ってるってことなんだ。


ラストの「螢」も全部聴けるっぽいので、またそのうち…
スポンサーサイト

| | 00:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

螢「異花」

ようやく入手。

「異花」
先日書いたDVD「マーブルビニィル」にPVが収録されている。
荘厳でヘヴィなイントロから、「時間はとめることができない」というつぶやきが繰り返されて始まる。
最初にPVを観ているので、映像がない分、なんだかすごくあっさりした作品に感じられた。

「春紫苑」
「haru-ji-on」とアルファベット表記されている。
アコーディオンと雑踏で始まるこの曲。
ゆっくり入ってくるギターのアルペジオ。アコーディオンをメインとした楽器構成が、彼女の曲には珍しいかも。これまでの音作りとは、方向性が若干違うように感じられる。
ここは歌というより、詩の朗読。

「月の日付」
不思議なSEで幕を開ける。
ゆれるエレピとベースが曲を引っ張っていく。
珍しく、全編歌ってます。
歌唱力自体は結構微妙なので、そういうのが気になると聴けない曲だね。
まぁ、ファンからすると、それすらも「味」だけど。


「異花」以外は、少し弱いかもしれないな。
シングルでこの三曲だけだから、他のCDに比べて聴く機会ってのは少なくなりそうだ。

これで、今の時点でワリと簡単に手に入るCD/DVDは全部そろったことになる。
先日「白ひつじ黒ひつじ」がヤフオクに出てたけど、2万はないよなぁ…


異花異花
(2000/12/09)


商品詳細を見る

| | 01:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

螢「マーブルビニィル」

DVDです。
これで僕のコレクションは終わり。
あと持ってないのは「異花」と「白ひつじ黒ひつじ」「」の三枚。

インディーズデビューライブから、このDVDは幕を開ける。
薄暗い舞台に、マイクと人形を持ったが現れる。
螢 - インディーズデビューライブ
録音された自身の声とのやり取りが続く。

デビューライブってことは、13歳?
凄まじい13歳だなぁ。

≫ Read More

| | 00:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

螢「カゼドケイ」

陣内氏に代わって、本作のサウンドプロデュースは坂出雅海(ヒカシュー)と以前からプロデュースをしている山本伊織。この山本伊織って人、古くは岩崎良美から最近ではBerryz工房まで幅広い人のようだ。

今回もシングルってことで3曲。
やはり物足りないぞ。

サウンドのテイストは、前作「わにがらヘビ」とは違って、「ガラクタ」「ハリガネ」っぽい。

「カゼドケイ」
静かなイントロ。
いつもの、微妙に外れた歌で始まる。
ガーンとバンドサウンドが入ると語りに変わる。
歌と朗読が交互にやってくる。
これまで4枚聴いてきて、ワリと定型っぽいイメージ。



「テツゴク」
まるっと朗読のみ。




「羽火」
前半は朗読メインで、それに混じるように歌が入る。
アコギの音、好きだ。
中盤、突然サウンドがハードになったかと思うと、両チャンネルで別々にが歌う。これは"くる"ね。
一転、静かなアレンジに変わる。かすかにシンセが響く中、徐々に音が重なり…
この時点での集大成的な楽曲と感じたけど、どうなんだろう?



かすれそうな、ささやくような歌声で、このCDは終わる。
頭の2曲は、正直これまでの焼き直しっぽい部分もあって、イマイチな気がするが、「羽火」が凄まじい印象を残していった。
この曲のためだけにも、これは買ってよかったと思う。

オクとかいろいろ探したが、やはり「白ひつじ黒ひつじ」「」の入手は困難なようだ。
「異花」も中古を探していたが、新品でなら手に入りそう(本当は中古が希望だが…ファンなら新品買えって?)。
あとはDVDだが…


カゼドケイカゼドケイ
(2000/07/26)


商品詳細を見る

| | 00:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

螢「ハリガネ」

順番としては、最初に書いた「ガラクタ」の次で、先日の「わにがらヘビ」の前。
1999年の作品。

次の「わにがらヘビ」同様、陣内大蔵がサウンドプロデュースをしている(何故か名義は"Jinnouchi")。

「ハリガネ」
かつて放送していたのラジオ番組のオープニングで流されていた。ニコニコ動画にそのラジオ番組が多数アップされているので、僕の中ではすっかりお馴染みの曲。
印象的なピアノから始まり、ささやくように歌うの声が、不思議な世界へ誘う。
大きなドラムサウンドにストリングスがかぶさり、の語りが続く。
再び、歌。
ワリと音程も来てるカンジで、安心して聴いていられる曲。



「さくらんぼ」
エレピのイントロが、どういう曲なのかを想像させないな。
あくまでもの歌がメインというアレンジだな。エレピもベースも、ギターも非常に控えめ。
終盤、一気に音が大きくなり、天にも昇ろうかというような、開けたイメージになる。
そこで、の語りが入る。
そう、そうでなくては!と思ったのもつかの間、フェードアウトって…

「大切ココロ」
前作「ガラクタ」からのリメイク。
歌詞(詩?)は同じ。ぱっと聴いた印象は、大きい変化はない。
なんとういうか、CDの最後を締めくくるのに相応しい曲だな。
…ということで、聴き比べてみる。
前作「ガラクタ」版はややバックの音が後ろに引っ込んでる印象だな。簡単に言えば、音が悪い。
本作でのリメイク版は、まず音がキラキラしてる…というか、前に出てるね。声を邪魔しない程度に、主張してるというか。編曲のクレジットが変わってるけど、リミックスですってカンジだ。

やっぱり、いいなぁ。
好きだわ、この人の曲。

忘れないように、リンクをはっておく。
螢 : ディスコグラフィー - 1 / BARKS アーティスト

(追記)
今日、買い物に行った時にこのCDをかけたが、奥さんはNGだったようだ。
「これならドコドコ言ってるヤツ(メタル)のがいい」だってさ。


ハリガネハリガネ
(1999/11/20)


商品詳細を見る

| | 22:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT