≫ EDIT

「MASKED RIDER KIVA Re-Union」

仮面ライダーキバのアンコールCD。
DVDも出るし、イベントもやる…らしい。

今作の目玉はなんといっても、Queen Mayaこと、加賀美早紀の歌声だと思ってる。

では、順番に。

「Destiny's Play Re-Union」ということで、例のイケメンズの曲のリメイク。
とはいうものの、基本的なアレンジに変更はない。
正直に言うと、あまり好きな曲じゃない。

紅音也こと武田航平が歌う「Supernova」で、「Love Edit」となっている。クレジット上は「with TETRA-FANG」となっている。オリジナルと違って、バイオリンが縦横無尽に駆け巡って、印象的。
しかし、オリジナルの瀬戸康史の熱い歌唱とは違って、どこか冷めたボーカルが、非常に違和感を抱かせる。ちょっと曲調が音也に合わないってカンジだな。
どうせなら、もっと大胆に歌詞を変えればよかったのでは?

今度は息子の登場。
音也が歌った「This love never ends」を、渡が歌う「Emperor Edit.」である。
なんつーか、地味だな。

結局、お互いの曲を入れ替えるってのは、成功とは言えないカンジだ。

次は兄弟で歌う「Roots of king」である。
かねてから歌には定評のある大牙(山本匠馬)の声が聴ける。ここでは渡とのデュエット。
しかもこの曲、アコギメインのアレンジがされており、テンポも落とされている。
確かに、結構イケる歌声だけど、渡(瀬戸康史)ほど特徴がないように聴こえたので、どうしても印象が薄い。テンポを落としたことで、曲にあった緊張感がなくなってしまったように感じるのは、残念。
ラストの「くぅあ!」って叫びは、外せないポイントだったんだな。

「イクササイズ」のニューバージョンの「IXA-cise Body rhythm Edit.」。
アレンジが変わってるけど、コンセプトが一緒なので、新鮮味はない。
ただ、やっぱり「名護さんってスゲーや」ってなっちゃう。
これ、レコーディングしたの?

そして、個人的ハイライト「Rainy Rose Queen Edit.」である。
TETRA-FANGのアルバム「DESTINY」に収録されている「Rainy Rose」の真夜版。
「DESTINY」を聴いたタイミングでは、どうしても前半のハードな曲の印象が強いため、後半以降の曲が地味に聴こえて仕方がなかった。
しかし… 加賀美早紀の歌、なんつーか、可愛い歌声してんね。
これがあの過去編のクィーンかよ?ってくらい、イメージしてなかった声だ。
あれほど地味に感じた曲が、これほど印象が変わるとは。
泣ける曲だ(実際には泣かないけど)。

えー、キバットの曲は…


そしてラストは親子デュエット。
「Beginning~Message3」で締めくくる。
さわやかだ。


今回、麻生母娘の曲はなしか。そろそろ嶋さんにも歌わせてあげて!って思うし。ラモンとリキにも…
いや、そもそもキバットが2曲もあるってのは、ちょっと意味不明。

でも、「Rany Rose」だけで十分です。


仮面ライダーキバ Re-Union仮面ライダーキバ Re-Union
(2009/06/24)
TVサントラTETRA-FANG

商品詳細を見る
スポンサーサイト

| 特撮 | 01:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |