≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

WARRANT「Louder Harder Faster」

え!?
Jani Lane じゃないの?
…と思ったら、もう6年も前に亡くなってたんだ。
全然知らなかった。
まぁ、「Burrn!」を立ち読みするくらいじゃキャッチアップできんよなと。

なんかね、昔のことを思いだす。
そういうカンジの、サウンド。
何を以て「今っぽい」というのかよく判らないところもあるけれど。
ロン毛なメンバー、車、バイク、ブロンドのおねーちゃんしか出てこないビデオを見てて、20年以上前から時間が止まってるとしか思えない…というか、むしろ意図してオールドスクールな雰囲気を出してるようにも思えるが、こういうノーテンキな音楽も、聴くのは楽しいね。

このテのハードロックって、サウンド自体はあまり変わらないね。
例えば、70年代から80年代、90年代で結構大きく変わっていった印象だけど、90年代以降、あまり大きな変化がないように感じるな(メタルは90年代以降もなんか色々細分化されたタイプのサウンドが出てきてる印象だけど、ハードロックとメタルの相違なんてマニア以外には無用の長物か)。

ちゃんと日本盤が出るんだ。
スポンサーサイト

| Hard Rock/Heavy Metal | 23:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Jungle Smile「流星スペクタクル」

Eテレの子供向け番組の音楽に吉田ゐさおの名前を発見し、懐かしくなって検索してたら、Jungle Smileももう20周年なんだと知って…

いや、当たり前か。

数年前からぼちぼち活動を再開してたんだなぁ…なんて思いながら。

声、変わらないなぁ、と思いつつ、一方で1st、2ndアルバムが出たあの頃のことを思いだしたりしてた。

高木いくののサイトに行くと、CD通販してるようなので、問い合わせてみよう。
アルバムはiTunesかAmazonからか。
 

| J-Pop | 22:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゴールデンボンバー「#CDが売れないこんな世の中じゃ」

POISON!

リアルタイムで「ミュージックステーション」見てて、ビックリしたし、面白かった。
早速ダウンロードしました。

まぁ、無料配信自体はそれほど珍しいことじゃないけど、それを告知する方法が面白いね。
ゴールデンボンバーが「#CDが売れないこんな世の中じゃ」無料配信 - 音楽ナタリー

見ながらQRコード追っかけたよ。

さすがにサウンドはロックしててカッコイイ。
POISON!というシャウトも笑えるしね。

偽曲のこととか、いろんな経緯も含めて、blogを読むことをオススメ。
#CDが売れないこんな世の中じゃ|ゴールデンボンバー 鬼龍院翔オフィシャルブログ「キリショー☆ブログ」Powered by Ameba

 
amazonからもダウンロードできるんだね。

| J-Pop | 00:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

HAREM SCAREM 「Sinking Ship」

久しぶりに聴いた(見た)、HAREM SCAREM!

お変わりなくという言葉が自然と出てくる。
あぁ~、ハードロックいいね。

同じレーベルのビデオを他にもいくつか見たけど、改めてこういうオールドスクールというか、ハードロックが復権してるの?
いや、youtubeだからそういうのが目につくだけなのかな?

この十年くらいで色々と懐かしいバンドが復活して活動を活発にしてたり、あの頃を懐かしく思い出すことも多いワケです。
この曲が入ったアルバムはこれかな?
 CD  mp3
日本版はまだみたい。
  

| Hard Rock/Heavy Metal | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リリカルネッサンス「The CUT」

アイドルネッサンスとlyrical schoolの期間限定コラボレーションユニット、リリカルネッサンス。

曲はBase Ball BearがRHYMSTERとやった「The CUT」のカバー。

例えば、オリジナル版。
Base Ball Bear - The Cut -feat. RHYMESTER- - YouTube
RHYMSTERの特徴的な声とラップに、小出祐介の甘い声の絡み合いが不思議な魅力を持っていたこの曲をアイドルが?と。
まぁ、小出祐介ってアイドル好きでしょ?

オリジナルはそれぞれが特徴的な声を持っており、単純に比較すると、声の時点でやや不利。
とはいえ、元々の曲の面白さが、結局はヘビーローテーションにさせてしまう。
唄担当のアイドルネッサンス、ラップ担当のlyrical schoolとグループのカラーが判りやすい。

個人的にツボなのは、関根史織が担当していたハモりパートの再現だ。

ライブは積極的に公開してるのね。
【「The Cut」1.22ライブ映像(初披露)】リリカルネッサンス(lyrical school+アイドルネッサンス ) - YouTube
【「The Cut」2.11ライブ映像】リリカルネッサンス(lyrical school+アイドルネッサンス ) - YouTube




| アイドル | 01:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。