≫ EDIT

HAREM SCAREM 「Sinking Ship」

久しぶりに聴いた(見た)、HAREM SCAREM!

お変わりなくという言葉が自然と出てくる。
あぁ~、ハードロックいいね。

同じレーベルのビデオを他にもいくつか見たけど、改めてこういうオールドスクールというか、ハードロックが復権してるの?
いや、youtubeだからそういうのが目につくだけなのかな?

この十年くらいで色々と懐かしいバンドが復活して活動を活発にしてたり、あの頃を懐かしく思い出すことも多いワケです。
この曲が入ったアルバムはこれかな?
 CD  mp3
日本版はまだみたい。
  
スポンサーサイト

| Hard Rock/Heavy Metal | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リリカルネッサンス「The CUT」

アイドルネッサンスとlyrical schoolの期間限定コラボレーションユニット、リリカルネッサンス。

曲はBase Ball BearがRHYMSTERとやった「The CUT」のカバー。

例えば、オリジナル版。
Base Ball Bear - The Cut -feat. RHYMESTER- - YouTube
RHYMSTERの特徴的な声とラップに、小出祐介の甘い声の絡み合いが不思議な魅力を持っていたこの曲をアイドルが?と。
まぁ、小出祐介ってアイドル好きでしょ?

オリジナルはそれぞれが特徴的な声を持っており、単純に比較すると、声の時点でやや不利。
とはいえ、元々の曲の面白さが、結局はヘビーローテーションにさせてしまう。
唄担当のアイドルネッサンス、ラップ担当のlyrical schoolとグループのカラーが判りやすい。

個人的にツボなのは、関根史織が担当していたハモりパートの再現だ。

ライブは積極的に公開してるのね。
【「The Cut」1.22ライブ映像(初披露)】リリカルネッサンス(lyrical school+アイドルネッサンス ) - YouTube
【「The Cut」2.11ライブ映像】リリカルネッサンス(lyrical school+アイドルネッサンス ) - YouTube




| アイドル | 01:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

め組「放課後色」

め組。


菅原達也のポップさってのは、少なくとも"さよなら、また今度ね"の時代は、悪く言えば独り善がりな印象を持ってた。
判る人にだけ判ればいいというか。
いや、これは完全に個人的な印象でしかないんだけど。

でも、そういうマイナスな部分が、新しいバンドになって、少しずつ変わってきたように思う。
そしてついにこの曲で、普遍的なポップさを手に入れた!と、感じた。

曲そのものということよりも、バンドサウンドの問題だろうか。
特にこの曲は、キーボードを担当する出嶋早紀の力が大きい。勿論イントロから活躍するベースも印象的だけど、やっぱりこの曲を支えてるのは彼女でしょう。

め組 配信シングル“放課後色”で見えた、超個性的ポップバンドの全貌 | 邦楽 特集 | ロッキング・オンの音楽情報サイト RO69


| J-Pop | 00:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

PASSPO☆「PlayGround ダンスショット」

これまで公開されてきたダンスショット版のビデオの中で、一番のデキだと言ってもいいと思う。

ビデオの作り自体ではなく、曲とダンスがとにかくイイ。
はっきり言ってセンターの増井みおとその脇を固める玉井杏奈、森詩織のバキッとしたダンスにしか目が行かない。他のメンバーも含めたフォーメーションとか見てて面白いけど、やっぱり前の三人あってこそだな。
勿論、ゾンビものということでアレを連想させる動きもニヤッとさせてくれる。

ライブは見たことがないので、このレベルのクオリティばかりだぜと言われるかもしれないが、ビデオだけを見てると、明らかにこの曲のクオリティって今までと違うよと思わされる。
アルバムにはこのダンスショットが入らないというのが惜しいくらいだが、アルバムに対する期待度は上がる一方。

アングルも変わらない固定ショットだというのに、これは何度も見ていられる。


 

| アイドル | 01:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

PASSPO☆「PlayGround」

いよいよニューアルバムが発売間近。

増井みおが主役のビデオなんて!

中盤以降の、増井みおがゾンビ化してからのダンスってやっぱりアレを意識してるでしょっていう。
オチも含めて、なんだか微笑ましいわ。

一番小さい増井みおがセンターというのも、絵的に面白い。

まぁ、アレだ、単純にベースをかじった身としては、応援せずにはいられんワケです。

タイトなロックサウンドもやっぱりPASSPO☆らしさ満点。
シングルやカップリングよりもアルバム収録曲に本気を感じるPASSPO☆だから、楽しみ。


それにしても3Dメガネのワンポイントがカワイイ。

PASSPO☆「Play Ground」
PASSPO☆「PlayGround」



 
Amazonはまだ画像がなかった。

| アイドル | 00:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT