FC2ブログ

≫ EDIT

最近音沙汰なし…と思ってたら、アルバム作ってたのね。 め組「春風5センチメンタル」


…じゃあ、何のことやらだね。

ってことで「わーすた」というアイドルグループのメンバー三品瑠香が新人AD役で出演するめ組の新曲MV。

「春」っぽさ全開のピアノに、何故かダイアルアップ(音響カプラというべき?)の音が混ざり込む不思議なイントロ。
全編をとおして、まじめな菅原達也が色濃く出てる一曲。

三品瑠香がいいね。
やる気があるのかないのか、全然読み取れないのがなんとも不思議な雰囲気を漂わせる。
超絶美人というよりも、かわいいカンジの子なので、なんかリアルというか、「なんかこういう子いそう」って思っちゃう。
職場にいたらチヤホヤされてそう…とかどうでもいいことを想像してしまう。

で、このビデオ、ストーリーって何かあんの?
そこそこ頑張る女の子を追いかけるだけの映像だった(凄く頑張るわけではなくてそこそこ)。
三品瑠香がかわいいなぁって。
キーボードの人も好きだけど。


スポンサーサイト



| J-Pop | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

PassCode「ATLAS」

新曲!

イヤホンのタイアップだからなのか、やたらとポップ。
そして衣装が白ベースになってて、アイドル度が増してるぞ。
水をかけあったり、楽しそうな四人の姿も、ますますアイドルらしさ全開だ。

そして改めて、このグループにおける南菜生の存在の大きさを感じる。
僕は大上さんが好きなんだけど、まぁ、やっぱり南さんの存在感は、ちょっと特別というかさ。

こうなるとカップリングが気になるな。

あ、白いバンドメンバーも健在。

タイアップのイヤホン。


Amazon用特典あり
 
Amazon用特典なし
 
ダウンロード

| PassCode | 23:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

赤い公園「凛々爛々」

最近、あまり気分が盛り上がらず、blog更新の気力がなかった。
でもとりあえずは頑張って、再開。

赤い公園「凛々爛々」

曲の良さは勿論なんだけど、やっぱりビデオの中でついに四人がそろった!という部分がとても感動的だ。

「消えない」では二つに分割された画面の、左側に石野理子が独りで歌い踊り、右側でメンバーがひたすら演奏する構成だった。
続く「Highway Cabriolet」はちょっとコンセプトは違ってるが、確かに四人別々のシーンばかりだった。

そして、ついに…

改めて昔の曲も聴いたりしてるけど、赤い公園っていいね(今さら?)。
でもやたら癖のあるカンジだったのが、ここ最近のストレートなポップさみたいなのに変化していったというのも、なんか面白いなぁ。

前にも書いたかも?
やっぱり石野理子の髪型の変化ってのはね…
アイドルネッサンスのメンバーとして、つまりはアイドルとして在るということと、バンドのボーカルとして在ることの、その違いを僕は彼女の髪型の変化から読み取ろうとしてしまう。
つまりは随分、ナチュラルに見えるってこと(薄化粧に見える化粧とかそういうことは抜きにして)。
…いやぁ、まぁ、勝手な「読み」なんだけどさ。

| J-Pop | 23:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

lyrical school「Enough is school」

思わせぶりな予告動画。
そして全貌を表す、新曲。

「あ、本気だ」って思う曲。
キャッチーさとは無縁というか。
踊Foot Worksというグループのメンバーが曲を提供ってことだが、この手のジャンルにはとんと疎いので…
ってことは、実際に彼らの音楽を聴いてみればいいワケだ。

いくつかMVも見たけど、個人的にはちょっと露悪的というのか、あまりいい趣味とは言い難いところがあるので、ライブをチョイス。
なんとなく驚いたのは、ギターとベースがいるんだってこと。
「Enough is school」でもスラップは印象的だ。
歌メロは確かに踊Foot Worksらしさがあるように思う。今までのリリスクの曲とはちょっと違う攻め方という。



アルバムは前作以上に面白そうだ。

| その他のアイドル | 01:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Anly 「Venus」

発売は一年前だから、まぁ、今更なんだけど、最近ライブの動画をいくつか見てて、思うところを。

そのメロディはやっぱりポップだけど、正直、普通のポップスなアレンジだと輝きを失う…というと言いすぎだけど、ループ込みだと思うんだ、彼女の魅力は。
だからまぁ、いっそ、ヒップホップ系の人にアレンジやプロデュースをお願いしたら面白そうだと思うんだけどな。

この曲は、ただただ美しい。


  

| J-Pop | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT