≫ EDIT

predia「The Call」

やっぱりライブ定番曲だよねって。

ちょっと不安定な印象もあるけど、やっぱりprediaの歌を支えるのは湊あかね、村上瑠美奈の二人だなぁと。他のメンバーも足を引っ張ってないし。
カラオケ番組によく出てる湊さん。ものまね番組よりも個人名やグループ名が出てるし、普段の顔も見られるから、少しでも知名度があがるといいな。

そろそろ新しいシングルが出るようで。
ただ単純に楽しみ。

 
スポンサーサイト

| アイドル | 00:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

PASSPO☆「ギミギミaction / ラブリフレイン」

PASSPO☆「ギミギミaction」Music Video

完全にコスプレを楽しむだけのビデオだったりする。
筋があるようでないような寸劇のおかげで歌が入ってこないが、ダンスverでそこはじっくりと。

まぁ、いつものPASSPO☆です。

個人的な見どころは、ゲームウォッチだが…

クリップボード02
PASSPO☆「ギミギミaction」Music Video - YouTube






なんとなく続きものっぽい入りの「ラブリフレイン」は、Silent Siren提供ということで、バンド感ありか。
演奏してるシーンもあるけど、実際に演奏してるの?(現時点で発売前で判らんが)

なんか随分様になってきてるなぁ。

クリップボード02-1
PASSPO☆「ラブリフレイン」Music Video - YouTube


歌い踊るシーンと、歌いながら演奏するシーンが等価というのも、面白いなぁ。

それにしてもベースを演奏する増井みおがいい。
個人的にベース弾きだったこともあるんだけど、まぁカワイイ。

クリップボード04
PASSPO☆「ラブリフレイン」Music Video - YouTube




曲はどれもさすがにPASSPO☆というところ。
やっぱりシングルよりもアルバムにだけ収録される曲のが好きかな。


  

| アイドル | 00:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ベイビーレイズJapan「ニッポンChu!Chu!Chu!」

「Level 1」の2016年versionといった趣の「Ride On IDOROCK」から幕を開けるアルバム。

「ベビレ」と「ベイビーレイズJapan」の連呼とメンバー紹介に徹した曲。
こういう曲が成立するというか、こういう曲をやたらと推してくるのがベイビーレイズJapanだよ。
曲中にグループ名やメンバー名を入れてくるところは、潔さというか、清々しさすら感じる…というのは、ファンだからだろう。


こちらもやたら押しの強い曲。
グループ名入ってないじゃん、と思ったら、ビデオではやたらとグループ名が出てくるじゃないか。

シングルではちょっと説教臭い曲(だけどいい曲)が続いただけに、アルバムの方向性は気になってた。
ベイビーレイズJAPAN「閃光Believer」【MV】 - YouTube
ベイビーレイズJAPAN「走れ、走れ」【MV】 - YouTube
熱苦しくてうっとおしい!? ベイビーレイズJAPAN「夜明けBrand New Days」【LIVE映像】 - YouTube
ベイビーレイズJAPAN「虎虎タイガー!!」【LIVE】 - YouTube

なんというのか、最近のアイドルソングのサウンドの充実ぶりは目を見張るものがある。
と同時に、楽曲も凄くイイ。
ただ単にキャッチーなだけではなくて、ちゃんとグループとしてのアイデンティティというか、グループのカラーをきちんと提示してくれているように思う。
あまりふらふらと試行錯誤したり、方向性の転換みたいなことをしていない。

そういえば、アルバム中、「少しだけ」という曲だけは、ちょっとカラーが違うような気がした。
どちらかというと前のアルバムに入ってそうなイメージだったけど、鶴の秋野温が作ってるんだと知って、納得してしまった。

Wiennersの玉屋2060%は相変わらずとしても、堀江晶太なる人物の活躍が非常に目立つ。
どういう人なんだろう?

  
  

| アイドル | 01:16 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゆるめるモ!「はみだしパラダイス」

面白い試み。
こういうの初めて見るんだけど、他にもやってる人いるのかな?
なんか昔流行ったFlashのサイトみたいな。

画面左上のボタンを押すか、マウスでドラッグするかで、画面が動く。
欠点は上か下の画面に映ると、正面に戻らない限り左右に行けないこと。上、下の面で左右を押すとグルグル回るだけ。
動かし方の解説動画があった。


あ、曲について書くの忘れてた。
まぁ、ゆるめるモ!らしい曲といえばそうなんだろう。
ただあのアルバムを聴いたときほどの衝撃はなかったな。

| アイドル | 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SHISHAMO「夏の恋人」

エレキじゃないイントロにドキッとした。
「夏の恋人」といウタイトルいながら、夏の終わりを思わせる曲だった。
間違ってはいないんだけど。


まぁ、好きな男の子とフェスに行って浮かれてた少女の姿から、随分大人になったもんだとか、なんとか思いながら、聴いた。

青春というか、モラトリアムというか、いや、恐らくは経験すらしていないだろうことにすらノスタルジーを感じてしまうというのは、やっぱり大人になってしまったと(十分おっさんだ)。

こってりとしたアレンジも、気分を盛り上げるには十分すぎるくらいに役割を果たしていると言える。

高校生くらいだったら、毎日のように聴いてたんじゃないかと思う。

| J-Pop | 00:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT